OWNER'S LIFE

ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

2023.11.06

富士市内の閑静な分譲地に佇むS様邸は、玄関とキッチンのみ別々の「半二世帯住宅」。1階がお母様の部屋、二世帯共用の水回り、子ども部屋で、2階が子世帯のLDKになっています。グレージュで統一した2階は、中央のバルコニーからたっぷりの光が降り注ぎ、明るくて気のいい空間に仕上がっています。L字の間取りにしたことにより、リビングとダイニングキッチンが緩やかにゾーニングされ、生活にメリハリがつきます。キッチンから見える場所に設けたワークスペースは奥さまのリモートワークやお子さんのスタディコーナーに。ご主人も積極的に料理をすることから、キッチンスペースを広くとり、お二人で料理する時間を楽しんでいるそう。「ハウスメーカーだとオプションになるALCや無垢の床、漆喰、セルロースファイバーが標準仕様で、なおかつ家具まで付いてくる。以前のCMで言ってた“本物は高くない”って本当なんですね」とご主人。その笑顔が満足度の高さを物語っていました。

バルコニーを挟んだL字型の2階LDK。熱や傷に強いセラミックトップのダイニングテーブルはオリジナルのDICE(ダイス)。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

広いキッチンはマットブラック×グレーでコーディネート。横並びに続くダイニング、ワークスペースまでしっかりと見渡せます。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

ご主人も料理をする機会が多いので、ワークスペースを広めに確保。奥に大容量のパントリーがあります。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

テラスからたっぷりの光が差し込むリビング。無垢の床は程よい凹凸のあるスクラッチ加工で、足裏を心地よく刺激します。L字型のソファもオリジナル。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

リビングのテレビの背面にはイタリア漆喰(ユーロスタッコ)を施しています。サイドからの間接照明により美しい陰影が映し出されます。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

料理しながら屋外テラスへと目線が抜けていきます。リビングでくつろぐ家族の様子もキッチンから見えて安心。キッチンとダイニングテーブルをあえて離したことで回遊性が生まれ、家事効率がUPしました。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

リビングの一角に設けたリモートワークスペース。子どもたちのスタディコーナーとしても活躍しそうです。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

洗面化粧台と脱衣所を分けた洗面室。扉を閉めれば入浴中でも気兼ねなく使え、室内干しもできるようになっています。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

2階の子世帯の入口に、ただいま手洗いコーナーを設置しました。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

階段下のスペースを空けることで奥行のある玄関ホール。階段を上がると2階に子世帯の生活空間が広がります。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

広いお庭があるので気軽におもいっきり遊べます。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

玄関ポーチはブラックで統一し外観全体のアクセントに。


ほど良い距離感が心地いいスタイリッシュな半二世帯住宅

見晴らしのいい高台に立つS様邸。プライバシーを重視したスリット窓のラインが美しく揃い、端正な外観デザインを演出しています。生活サイクルが違うため、玄関を親世帯と子世帯別々に。親世帯のポーチは将来に備えてスロープを造作しました。



OWNER'S PROFILE

s_230611_ 納得住宅工房_11.jpg

【オーナー様の声】
たくさんの住宅会社を見て回りました。会社の先輩がnattoku住宅さんで新築したと聞いて行ってみたら、ほかのどこにもないデザイン空間、標準仕様のレベルの高さに衝撃を受けました。決め手となったのは、植松さんの人柄です。私たちがどんな要望を出しても否定することなく、「それ、面白いですね」といつも言ってくれました。普段は実施しない構造見学会も私のわがままを聞いてくれて、特別に見せていただきました。どうしても欲しかった2階のオープンテラスも実現し、予算内で夢が叶いました。同居する母との距離感もちょうどよくて、お互いに快適に暮らしています。

【新築したきっかけ】
古くて寒い社宅に住んでいましたが、長女が小学校に上がる前までにマイホームを構えておきたいと思って。自宅から小学校が近い場所で土地を探していました。



【スタッフからのコメント】

弊社の完成見学会に10回以上起こしくださったS様。ご夫婦ともに構造や断熱性能、家事動線、収納などを勉強されていたので、家づくりのイメージが明確でした。広いお庭も確保できて、充実した休日を過ごされているそうです。

三島店 店長 植松 大輔

サイト内検索