社員が10年来の夢を叶えた「カーテンのいらない家」

2022.03.30

納得住宅工房では、多くの社員が自社で自宅を建てています。それだけ、自社の家創りに自信と愛着を持っているから。

三島店の店長もその一人で、このほど念願叶ってマイホームが完成しました。自ら設計した邸宅は、現在の『納得』のフルスペックを装備した「MADURO STYLE」。デザインも、素材も、住み心地も、すべてファーストクラス仕様です。

最大の特徴は、外から室内を見られない設計手法による「カーテンのいらない家」。外周に窓を作らず、インナーパティオ(中庭)から十分な光と風を招き入れます。だから視線を気にすることなく、リゾートのようなプライベートタイムを満喫できるのです。

その中庭からもアクセスできるリビングは、ヨーロッパの美術館のような非日常的な空間で、洋楽のBGMが流れるなか、家族団らんの時間を楽しめます。また、高い断熱と気密性能をベースに、太陽光発電+温冷eco床暖システムを搭載したことで、家中どこにいても温度差がなく、少ないエネルギーで一年中快適。

構想から10年...。「納得で新築する」という夢を追い続けてきた店長がついに願いを叶えました。





original.jpg
タテ・ヨコの美しいラインが夕景に映える端正な外観。南面道路側に窓がなく、間取りを予測することができないので防犯も安心。外壁の塗り壁は耐久性、断熱性、耐火性、遮音性に優れたALCで、間接照明が立体感を演出します。




original (1).jpg
玄関を入ると、大きなピクチャーウインドウ越しに中庭が。そして、その向こうにあるリビングへと視線が抜けます。天井まで届くマットな質感のハイドアは、標準仕様のイタリア製高級ドア「LA VIVA(ラ ヴィーヴァ)」で、蝶番のないすっきりとしたデザインが素敵。




original (2).jpg
視線が奥へ奥へと伸びていくダイニングキッチンは全長5m10cm。フルオープンのサッシを開けると、外と中がつながり、より開放的な雰囲気に。無垢オーク材のフローリングは同社オリジナルの「JOHN(ジョン)」で、微かな凸凹感が足裏に心地よく響きます。




original (3).jpg
オープンエアの光と風が気持ちいいインナーパティオ(中庭)は10畳の広さ。両隣からの視線を遮りながら、BBQや水遊びなどが楽しめ、プライベートタイムを存分に満喫できます。休日のランチはいつもここで。「屋根のないセカンドリビング」としてゆっくりと寛げます。




original (4).jpg
ダイニングテーブルと一体化したキッチンは、デザインと使い勝手を両立。キッチンの床を一段下げることで、テーブルについた家族と視線が合います。カップボードは自慢の逸品。ブロンズ入りという半透明の引き戸がつくる緩やかな境界が何とも言えない美しさ。ホテルのBARのようなおしゃれな雰囲気と仕上がりに大満足です。




original (5).jpg
白・黒・ライトグレーを基調としたエレガントな吹抜けのリビング。大きな高窓からの光が漆喰に反射して、長時間明るさをキープできます。イタリア漆喰「ユーロスタッコ」とタイルの床の組み合わせが高級感を演出。バイオエタノールの暖炉はインテリアの一部にもなっています。L字型の本革ソファは標準仕様の「MOTTA(モッタ)」を選びました。




original (6).jpg
ホテルを彷彿とさせるラグジュアリーなサニタリーは『納得住宅工房』ならでは。重厚感のあるイタリア製の洗面台「MARMO(マルモ)」は、キャビネットに大理石を使用。顔を洗う、歯を磨く、メイクするといったルーティンワークも、こんな空間なら朝から気分が上がりそう。浴室のドアをガラス張りにして、リゾート気分を演出します。




original (7).jpg
2畳の書斎は、テレワークやオンライン会議に役立つ貴重な空間。ヘリンボーン柄のクロスと間接照明が緊張感を解きほぐしてくれます。




OWNER'S PROFILE

thumb.jpg

【オーナー様の声】
私は、『納得住宅工房』でマイホームを建てるために入社しました。もちろん、お客さまの家創りが最優先なので、なかなか自宅の設計までは手が回らず、10年目にしてようやく夢が叶いました。コンセプトは「カーテンのいらない家」。両隣に建物がありますが、中庭から光と風を取り込むことによって、プライバシーを確保しつつ開放的なリゾートライフを楽しめます。耐震等級3、空気環境を整える換気システム、グレードの高い標準仕様をベースに、弊社の持ち味である「デザイン」「素材」「オリジナリティ」を存分に発揮することができ、全国雑誌に載っているようなモダンな空間が実現しました。何も言わず、10年間待ち続けてくれた妻に「ありがとう」と言いたいです。

【新築したきっかけ】
結婚した当時からずっと家を建てたいと考えていて、数年前に土地も購入していました。建てるときは自分で設計すると決めていたので、空いた時間に少しずつプランづくりを進めました。

サイト内検索