家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

家を創りたいと思ったときの第1歩!工務店の選び方/Sinmidoのなかなか聞けない家創りの疑問第1回

2021.11.26

さまざまな工務店やハウスメーカーのブランディングとコンサルをおこなっている「Sinmido」。その経験により培ってきたノウハウでなかなか人に聞けない家の家創りの疑問を解決していく連載です。

  • facebook
  • LINE
誰でも一度はマイホームを建てたいと考えたことがあると思います。
その夢を理想的なカタチにするためにも工務店選びは最も重要です。

ここでは、良い工務店を選ぶ際の事前準備について解説していきます。
憧れのマイホームを手に入れるためにも是非、参考にしてみてください。

工務店の特徴とは?

工務店は大手ハウスメーカーとは違い地域で施工を行っているため、地域に特化した住宅を建てることが出来ます。

しかし、地域に特化した工務店に新築の依頼をして、後悔してしまったという方もいます。

そういった後悔のない新築を建てるためにも、優良工務店を選ぶ時のポイントを理解しておく必要があります。

優良工務店を探すためにはどうすればいいのか?
今回はそんな悩みを持った方がしておくべき事前準備のポイントを説明します。

良い工務店を選ぶ時のポイント

・対応エリアが建設地に近い
工務店の営業拠点は限られています。この部分が日本全国で住宅を建てているようなハウスメーカーと差別化する点となり、様々な部分が異なってくるのです。

例として、その地域の特性や評判などをもとに、地域の人が満足をするような住宅を建てることが出来るといった特徴があげられます。

さらに、工務店の大工さんは何十年もの間地域で作業しているため、地域のお客さまが満足するような家を建てることができるのです。

・工務店の評判を確認する
事前に工務店の評判を調べておくことによって、評判の悪い工務店を候補から外すことができます。

地域に特化している工務店の評判は、人伝いで住人の耳にも入ってきます。もし、地元で家を建てるのであれば、いろいろな方の意見を参考にしながら情報収集していくと後悔の少ない住宅を建てることができます。
・住宅展示場に足を運んでみる
地域の方の意見を聞くということが良い工務店を見極めるために必要になってきます。しかし、そういった意見を聞くことができない方はどうすればよいのでしょうか?

そんな方は住宅展示場に実際に足を運んでみることがおすすめです。住宅展示場は小さな町の工務店から、大手のハウスメーカーまで様々な企業がモデルハウスを展示しています。

このイベントは内装が完成した状態で見学出来るので、住んだ時のイメージを膨らませることができます。

実際の住宅と同じサイズのモデルハウスが展示されているので、カタログなどでは想像できない点まで自分の目で確認することが出来ます。玄関ドアや外壁の配色は写真で見るよりも実際に見ることの方が良い、というのは言うまでもありません。

住宅展示場に行けば、画像で気になっていた部分の詳細を自分の目で見て見学することができるでしょう。

見学会に訪問してみる

住宅会社が主催している見学会に参加することによって、家づくりの勉強をすることが出来るため、後悔のない住宅を購入するためには必須のイベントです。

しかし、一口に見学会といっても主に3つの種類がありますので、それぞれの見学会に参加するメリットを解説していきます。

・構造見学会とは
見学会の1つ目が、完成前の構造を見学することが出来る構造見学会です。ここでは、人の住んでいるお家がどのような仕組みで建っているのか、建物がどれくらい強い構造なのかを知ることができます。

「高機能なお家に住みたい」や、「家族をしっかりと守ってくれるお家に住みたい」と考えている人にとっては、各工務店がどんな想いを持っているのか、お家づくりを手抜きにしていないかを確認することができる貴重な機会です。興味のある方はぜひ、参加してみてください。

・完成見学会とは
見学会の2つ目が完成見学会です。この完成見学会は実際に建てられたお家を一般の方々に公開することを言います。 この完成見学会に参加するメリットとしては、どのような家具を置くのかということを考えながら見学をすることができるということです。

主婦の方々の意見として、どのような家具を置くのかを想像しながら見学できたので、とても楽しかったという意見をいただくこともあります。構造見学会とは違って、実際に完成した注文住宅や建売住宅を見ることができるため、生活の雰囲気を感じることができます。

・実邸見学会とは
見学会の3つ目が実邸見学会です。実邸見学会とは、実際に工務店などで建てられ、お客様が住んでいるお家を見学することです。実際にお家を購入し、住むときには家具や照明などがあります。このように家具があることによって、実際にどんな暮らしができるのかをより詳細にイメージすることができます。

この実邸見学会に参加することによって、住宅を購入した後に生じる家具を配置した際の空間に関することや、実際に生活していく上で気付いてしまう使いにくさを防ぐことができます。

実邸見学会は完成見学会よりも、どう住まれているのかを見ることができるメリットがあります。

通常の実邸見学会は、一通り家の中を見学することができます。さらに質問があれば、その家に住んでいる方の意見を聞くことが出来たり、建てるにあたって工夫した点や、後悔したポイントを教えてもらうことが出来ます。

気軽に行けるのはモデルルームなどですが、やはり実際に住んでいる人の声を聞ける機会は他にありません。「実邸見学」をしてから住宅を建てられた方は「生の声」を参考にした間取りを取り入れた案がたくさんあります。

実際に建てられた方も住んでみてから色んな意見が出るようです。機会があるのであれば、実邸見学会に参加してみてください。

まとめ

今回は良い工務店を選ぶためにはどんな事前準備をするのかという点を解説しました。

住宅購入の契約をしてからや、住宅が建て終わってからでは、住宅のデザインや間取りを変更することはできません。そのためにも、事前準備をどれくらいしたのかという部分が重要になりますので、しっかりと事前準備をしたうえで住宅の購入をしていきましょう。
Sinmido(工務店特化型コンサルティング)
全国の工務店をメインに「地域に愛される工務店づくり」を目指し、集客、採用、人材育成、財務など様々な角度から総合的に支援を行っている。とりわけWEBを活用した集客支援やSNSを効果的に用いる支援スタイルは好評を博している。

大黒新平
Sinmidoのオリジナル施工写真資産化システム(特許取得済)の構築、運用をベースにクライアントに集客支援を行っている。一方で住宅購入を検討しているエンドユーザーに向けたWEB記事の執筆等も行っている。SEOコンサルタント・カスタマーサービス・戦略設計・グロースを担当。

Sinmido
大宮本社☎048-657-4343
大阪支社☎06-4867-4360
https://sinmido.com/
〈 / 〉