家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

思い出いっぱいのランドセルを世界にひとつだけのスツールに。静岡の鞄メーカーと家具職人が手掛けるランドセルリメイクの新サービス。

2021.12.30

思い出を日常に。捨てられない、活かしたい、ユーザーの思いから誕生したランドセルリメイクの新しい形。静岡の鞄メーカー『池田屋』が地元家具メーカー『ヒノキクラフト』と役目を終えたランドセルをスツールにリメイクする新サービスを開始。

  • facebook
  • LINE
1950年の創業以来、すべての子どもたちが笑顔になる機能・性能に差がない『子ども思い』のランドセルを作り続けてきた池田屋。全モデル使い勝手が変わらず、お子さまの好みで自由に選べる池田屋ランドセルは、世代を越えて全国の皆さまに愛されています。
『子ども思い』のランドセルでおなじみの池田屋(本社:静岡市葵区)では2022年1月11日(火)より、役目を終えたランドセルを木製のスツール(折り畳みイス)にリメイクする新サービスを開始いたします。

▼ ランドセルスツールの詳細はこちら
https://www.pikachan.com/info/167

かけがえのない6年間の思い出が刻まれたランドセル。

卒業して使わなくなっても「なかなか捨てられない」という方は多く、「何かにリメイクしたい」という声も年々増えております。そこで、せっかくリメイクするなら「また愛着を持って使える道具にしたい」という思いから、大切なランドセルを普段使いできるスツールにリメイクする新サービスを企画いたしました。

スツールの製作を手掛けるのは、地元静岡の家具メーカー ヒノキクラフト(本社:静岡市葵区)。

▼ ヒノキクラフトのホームページ
https://hinokicraft.jp/
座面にはランドセルの顔であるカブセを使用。1つとして同じものが出来ない、すべてが一点モノであることもランドセルスツールの魅力です。
本体の木材はカブセの色や風合いに合わせて日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットの3種類、サイズは2種類からお選びいただけます。
キャンプやBBQ、屋外イベントなどのアウトドアシーンではもちろん、インドアでは魅せる・使えるインテリアとして大活躍。
カブセが寿命を迎えても張替え用の革と布を用意しておりますので、メンテナンスを楽しみながら一生ご愛用いただけます。
リメイクサービスについて
▽ 第1回 ご注文受付開始予定日
2022年1月11日(火)13:00ごろ~
※池田屋ランドセル以外のランドセルも受付可能です。
※注文後2週間以内にランドセルを送っていただく必要があります。 現6年生のお子さま分は卒業後のご注文をお願いいたします。※第2回目のご注文受付予定は決まりしだいご案内いたします。

ランドセルスツールについて
▽ 商品仕様
3種類の材質、2種類のサイズから自由に組み合わせていただけます。
材質:
・日本ヒノキ
・チェリー
・ウォールナット
価格:
・日本ヒノ:1万8700円
・チェリー:1万9800円
・ウォールナット:2万900円
※樹種により価格が変わります。同じ樹種であればサイズによる価格差はありません。
サイズ:
・[OUTDOOR]幅31cm×奥行35cm×高さ約34cm (折り畳時:幅31cm×奥行9cm×高さ約45cm)
・[INDOOR]幅35cm×奥行35cm×高さ約42cm (折り畳時:幅35cm×奥行9cm×高さ約53.5cm)
重さ:
・日本ヒノキ[OUTDOOR]1.5kg [INDOOR]1.8kg
・チェリー[OUTDOOR]1.7kg [INDOOR]2.0kg
・ウォールナット[OUTDOOR]1.7kg [INDOOR]2.0kg
仕上げ:環境型ナチュラルオイル
▽ 日本ヒノキ
美しく光沢のある白い木肌が特徴。湿気に強く、非常に軽い日本ヒノキは無垢材のため、経年変化により色濃く艶やかに変化していきます。
▽ チェリー
緻密で柔らかな木肌が特徴。経年変化が大きい樹種のため、時間とともに表情を変えていくのも魅力です。
▽ ウォールナット
美しい木肌と深く紫がかった暗褐色が特徴のウォールナット。高級材としてとても人気のある樹種です。
子どもたちを笑顔にする池田屋のランドセル
池田屋
☎054-255-9199
https://www.ikeda8.com/
〈 / 〉