家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

リモートワークなどニューノーマルな暮らしに合わせた豊富なプランで対応するシステムファニチャー

2021.08.02

パナソニックから在宅ワークや家事ラクなどニューノーマルな暮らしに豊富なプランと部材で対応する、システムファニチャー「CUBIOS(キュビオス)」が発売。

  • facebook
  • LINE

システムファニチャー「キュビオス」

パナソニックは、薄型テレビなどを収納できるシステムファニチャー「キュビオス」を2003年に発売。箱型のユニットと扉などを自由に組み合わせて、美しく機能的に収納できる商品として、リビングやダイニング、個室などさまざまな空間に採用いただいています。

在宅時間や在宅ワークの増加に伴い、「リビングにワークスペースを確保したい」、「仕事・家事・趣味などに関わるさまざまな用品を収納グッズに入れてきれいに収納したい」、「すきま時間を使って効率よく家事をしたい」など、最近の住宅内でのニーズは多様化しています。またオフィスや店舗などの施設においては、木目調のインテリアがトレンドになりつつあります。

この度、これらの社会環境の変化に対応して、「キュビオス」を18年ぶりに基本構造から刷新。新たなモジュールと方立構造(※1)・部材により、収納しやすく、施工もしやすくなりました。お部屋に合わせてさまざまなプランに対応、壁面間口に合わせてミリ単位でオーダーできます。間仕切りユニットを使って在宅ワークスペースを緩やかに仕切ったり、エアコンや窓の位置を考えたプランニングも可能です。また、壁紙とのコーディネートも楽しめるように、ユニットは背板あり・なしが選べます。

きれいに収納したいというニーズに対応し、内寸高さを300mmから327mmに27mm高くしました。A4ファイルボックスなどの市販の収納グッズをぴったり入れることができます。HPに公開しているWEBプランニングソフトを使用すれば、収納グッズを入れた状態での完成イメージが3Dで直観的にわかり、ご自身でお好みの収納プランを検討シミュレーションすることができます。また、壁面に金具固定する地震に配慮した設計となっています。施工時間短縮のために、部材点数もパナソニック従来品で約3割削減しました。

パナソニックは、新しい「キュビオス」で「夫婦で在宅勤務ができるリモートワークスペース」、「洗濯から収納までできるランドリールーム」「デスクワークもできるリビングテレビプラン」など、新たなライフスタイルに対応したプランを提案。また住宅はもちろんのこと、インテリアの木質化が進むオフィス、クリニック、店舗などのパブリック空間にも、「キュビオス」を提案していきます。

※1:方立(ほうだて)とは、垂直方向に設置され、棚板を支える部材のこと。棚板を支える部材(方立)と棚板の組み合わせによる構造。

<特長>
1. 在宅ワークや家事ラクなどニューノーマルな暮らしに対応する、豊富なプランと部材。
2. 市販収納用品もぴったり収納、壁紙を生かした背板なしユニットを使えば見映えもアップ。
3. 完成イメージが直観的にわかるWEBプランニングソフトを用意。さらに省施工、耐震性にも配慮。
【製品名】システムファニチャー「CUBIOS(キュビオス)」
【色柄】扉 10柄・ユニット 5柄
【発売日】2021年10月1日(受注開始:2021年9月17日、見積り開始:2021年9月8日)
※1:方立(ほうだて)とは、垂直方向に設置され、棚板を支える部材のこと。棚板を支える部材(方立)と棚板の組み合わせによる構造。
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
➿0120-878-709
パナソニック株式会社 ハウジングシステム事業部
建築システムBU 営業戦略企画部
☎06-6908-1131
https://sumai.panasonic.jp/interior/new/
〈 / 〉