MADURO STYLE第132回/茨城県のビルダーが叶える地域の家創りと、MADURO STYLE土浦モデルハウスが叶える新しいガレージライフとは!? その②

2022.10.29

前回に引き続き、「福の家」の代表取締役社長の本多英樹氏に取材インタビュー。茨城県つくば市や土浦市を中心に、天然無垢素材を使った良質な家創りがモットー。平屋建てからリノベーション、リフォーム、増改築まで幅広く対応する優良ビルダーです。そんな「福の家」がnattoku住宅とタッグを組んだ、茨城県内初となるMADURO STYLE土浦モデルハウスを例に、地域に根差した家創りと新しいライフスタイルをひも解きます。

「福の家」の家創り3つの特徴

① ふんだんに天然無垢素材を使用!実際に住んでみると実感できる、抜群の住み心地!
「大手ハウスメーカーが大量に販売する家は、4〜5年でボロが出てくることか多々あります」と本多社長。しかし「福の家」の家は、nattoku住宅と同様に、いつまでも長く快適に暮らせる家創りが信条。床材や塗り壁、柱など天然無垢素材をふんだんに使用。天然無垢素材は人の身体に優しくて、長持ちするので、まさにSDGsな仕様。「お客さまがずっと快適に暮らせるにはどうしたらいいか?」という問いのベストアンサーが、ウェルビーイングな天然無垢素材なのです。


スクリーンショット 2022-11-02 10.51.27.png
②年に2回の無償点検など、アフターサービスが大充実。
本多社長のモットーの1つに、「家の購入(=家が完成した時)が、暮らしのゴールではない」。「お客さまはその家で何十年も暮らしていくのですから、完成したら終わりではありません。むしろ、そこからがスタートです。そのお客さまの暮らし...人生をサポートしていくのが、私たちの役目です」と。そこで「福の家」では、年2回の一斉無償点検を徹底しています。「設定いただいた日時に職人を連れてお伺いいたします! どんな家の不具合でも直します」と本多社長。


スクリーンショット 2022-11-02 10.51.36.png
③nattoku住宅のノウハウを存分に活かした、抜群のデザイン性!
イタリア直輸入の塗り壁「ユーロスタッコ」や、壁や床の素材、色使い、そしてスタイリッシュな家具のセレクトに至るまで、nattoku住宅の知識と経験とセンスの高さが存分に活かされています。「私たちの家創りに、nattoku住宅さんのスタイリッシュさとラグジュアリー感をプラスすることができました」と、本多社長。MADURO STYLEの家創りに並々ならぬ自信を持っています。


スクリーンショット 2022-11-02 10.51.44.png

MADURO編集部(以下Mに略)
茨城県つくば市や土浦市を中心に家創りを展開していますが、どんなお客さまをターゲットにされていますか?

本多 前回もお話しした通り、茨城県はとても広くて、昔からの素朴な田舎的なエリアもあれば、都会のような街並みが広がる最新的なエリアもあります。また、昔から先祖代々暮らしている家族もいれば、都会から引っ越してきた家族も増えています。つくば市といえばJAXAが有名ですが、宇宙飛行士の方が家創りの相談にいらしたこともあるんです! そんな例からも茨城のライフスタイルは多種多様。お客さまの家創りに対するご要望も多種多様です。まさに「新しいライフスタイルを求めるお客さま」が、「福の家」のターゲットです。

M まさに新しい世代、新しい時代の家族がターゲットなんですね!

本多 はい! 例えば、ガレージを単なる車を保管するためだけのスペースではなく...家の中からもアクセスできて、アクティビティを楽しむための「家族の基地」として多種多様に使える空間にしています。それゆえにガレージとしては、かなり広いスペースを採っています。仕事中心のライフスタイルから、人生を楽しむ、趣味を楽しむ、家族との時間を楽しむライフスタイルを好むお客さまが増えています。そういう、本当に心豊かな暮らしを皆さん望まれています。つくば市と土浦市には筑波山や霞ヶ浦といった自然豊かなスポットが近隣にあります。サイクリングやフィッシング、キャンプなどアウトドアのアクティビティが盛んなエリアです。その拠点として、ガレージが絶好のベース(基地)になるのです。ガレージは、お父さんの趣味だけのものではなく、家族で共有できる場所なんです!

M このモデルハウスのインナーガレージを見た瞬間に、理想のライフスタイルがイメージできそうですね。

本多 まさにそこが大切なんです! 以前は資料や写真をお見せしながら、こちらの提案を机の上で細々と説明していました...これでは、私たちの思いや理想を理解していただくまでに至りません。でも、このモデルハウスを見ていただくだけで、瞬時になる皆さまに私たちの思いや理想を訴求することができるようになりました。お客さまの理想の暮らしを共有させていただくことも、たやすくなりました。

M 素晴らしいですね。ぜひたくさんの人にMADURO STYLE土浦モデルハウスにお越しいただき、茨城でアウトドアのアクティビティが充実する、新しい暮らしをイメージしていただけたら最高ですね!


スクリーンショット 2022-11-02 10.51.55.png
「福の家」で働くスタッフは皆とても仲が良く、ニックネームで呼び合うほど! しかも全員が釣りやキャンプ、サーフィンなどのアウトドアに精通しています。そんなスタッフたちが親身になって、お客さまに新しくて楽しい暮らし、お洒落で快適な家創りをお手伝いいたします。


スクリーンショット 2022-11-02 10.52.05.png
つくば市には筑波山を始めとした自然豊かなスポットがたくさんあります。にもかかわらず、つくば市は都心までつくばエクスプレスで45分、クルマなら常磐道を使って約1時間でアクセスが可能。もちろん都心に比べて、土地代が格段に安いのも魅力。


スクリーンショット 2022-11-02 10.52.14.png
つくば市にあるショールームでは、リノベーションを中心に対応しています。家具やインテリアなどの商品を単に展示するのではなく、「空間を展示する」というコンセプトで1つの住空間としてコーディネート。新しい暮らしをリアルスケールで「見る」「触れる」「体感する」ことができます。また、「リノベーションの相談に来たお客さまを、そのまま新しいモデルハウスにお連れすることもあります」とか。


スクリーンショット 2022-11-02 10.52.24.png
つくば市にあるショールーム。ここでは、リノベーションを中心にお客さまに対応。家具やインテリアなどの商品を単にカタログ的に展示するのではなく、「住空間をコーディネートして展示する」のがコンセプト。つまり、これからの新しい暮らしをリアルの大きさで「見る」「触れる」「体感する」ことができます。また、「もちろんリノベーションの相談に来られたお客さまも、MADURO STYLEのモデルハウスにお連れして、リノベーションの参考にすることもできます」と本多社長。


スクリーンショット 2022-11-02 10.52.34.png

福の家
代表取締役社長
本多英樹さん

さまざまな職種を経験し、東北大震災をきっかけに、2013年に不動産業として「株式会社うらら」を創業。土地や家を「右から左へ動かすだけ」の不動産業だけの業態に疑問を持ち、「人々の快適で幸せな暮らし」を追求するために家創りまでの業態を模索。そして、2018年から建築部門を分社化させて、良質な自然無垢材を使った注文住宅の施工、販売を行う「株式会社 福の家」を開始。2021年からnattoku住宅とパートナーシップを結び、快適で機能的な家にハイセンスなデザイン性をもプラスした家創りに取り組んでいます。

福の家
☎︎029-886-5272
茨城県つくば市千現1-7-2

MADURO STYLE土浦モデルハウス
☎︎029-886-5272(福の家に問い合わせ)
茨城県茨城県土浦市中村南2-1421-64
営業/10:00〜17:00(予約制)

サイト内検索


EVENT