MADURO STYLE第127回/なんとテラスなパティオを2つも配置!格好いいデザイン性と抜群の機能性を兼ね備えた、MADURO STYLE滋賀モデルハウス

2022.08.12

滋賀、岐阜を拠点に地域に根ざした家創りを推進するまごころ住宅と納得住宅工房がタッグを組んだ、MADURO STYLE滋賀モデルハウスを取材してきました。まごころ住宅としては、岐阜に続いて2棟目となるMADURO STYLEのモデルハウスです(1棟目は第113回でご紹介)。早速、まごころ住宅の滋賀の拠点である彦根店の店長・小林秀一郎さんに、このMADURO STYLE滋賀モデルハウスの特徴についてお伺いしてきました。

MADURO STYLE滋賀モデルハウス3つの魅力


①奥さま目線を重視した、最高に使いやすくて広々したダイニングキッチン。

「ここ最近、黒やグレーなどモノトーンなダイニングキッチンを好む奥さまが増えているんです」と、まごころ住宅彦根店の小林店長。そんな最近の奥さまの好みを反映して、モノトーンにダイニングキッチンをまとめました。また、調理→サーブ→食事→お片付けといった一連の流れがワンストップでできる「直線型キッチン」を採用。さらにキッチンカウンターの後ろには大容量の収納棚を配置...しかも、食器棚の中身が見えないように曇りガラスで設計。デザイン性も実用性も考慮した、奥さま目線を徹底した、最高に使いやすいダイニングキッチンです。

6b2ca65f-07d3-4ded-b976-04c807d57aa9.png




②ソファやテーブルなど家具が標準装備なのも、MADURO STYLEならでは!

MADURO STYLE滋賀の注文住宅は、ダイニングのテーブル&チェア、リビングのソファ&コーヒーテーブル、AVボートに至るまで、数々の家具が標準装備。家の購入価格にこれらの家具代がインクルードされているのもうれしい限り。家を建てる予算で精一杯で、家具代まで回らない...なんて悩みも解消。家具までトータルコーディネートしてくれるので、引っ越し初日から、お洒落な暮らしが待っています!

athjukfil.jpg




③アウトドア感覚で楽しめるパティオを、LDK回りに2つも配置。週末は友人を招いてテラスパーティも♪


「滋賀県の人たちはアウトドア好きで、ホームパーティ好きが多いんです」と小林店長。そこでLDK回りにパティオを2つも配置。まず1つめのパティオは、リビング横に配置。2つめのパティオはダイニングキッチン横に配置。どちらも外からも出入り可能で、「家族のアウトドアな家族の第2、第3リビング&ダイニング」としても、「友人を招いてのテラスパーティ」としても、多種多様に楽しめます。マットなダークグレーの壁で覆われたリビング横のパティオは、大人っぽいイタリアンテラスな雰囲気。もう一方のダイニングキッチン横のパティオは、ウッドデッキ仕様。どちらも開放感とプライバシー感、そしてお洒落感を絶妙にバランスさせています。

3e318a65-5e87-4877-a7a3-bf4fe865e8eb.png




MADURO編集部(以下Mに略)
外観といい内観といい、モノトーンを基調に黒のラインを要所要所に施した、とてもクールで格好いいモデルハウスですね!

小林 ありがとうございます。nattoku住宅の久保代表から「とにかく格好いい家を創ろう!」とご提案いただきました。これまで、まごころ住宅の家創りは、よく言えばナチュラル系やオーソドックス系、悪く言えば当たり障りがない、特徴がない...という印象でした。で、今回このMADURO STYLE滋賀モデルハウスは、久保社長の訓示を受けて「男性にウケる、突き抜けたスタイル」をコンセプトにしました。滋賀県の全般的な家創りの傾向として、ナチュラルテイストやカリフォルニアスタイルを好みます。しかし、このモデルハウスは、その傾向に逆行するような設計デザイン...黒を基調にモノトーンの男っぽい家に仕上げました。ところが昨今、インスタをチェックすれば、女性のファッションやインテリアの好みは男っぽいスタイル...色で言えばモノトーンが主流。弊社のお客さまにおいても、家創りやインテリアでモノトーンを好まれる奥さまがとても増えています。ですので、男っぽいモノトーンなモデルハウスを創ったら、結果、奥さま好みのデザインになりました。おかげさまでご夫婦揃って評判が良いんです。

M 男性ウケをコンセプトにしたら、女性にもウケが良かった!...ご夫婦揃って満足される家創りこそが理想ですので、これは最高ですね! 玄関を開けて家の中に入ると、1階には広々としたダイニングキッチンが広がります。さらにその奥にリビングが広がり、さらにその回りには2つのテラスなパティオが...! 視覚だけでなく皮膚感覚で、「これは素敵だな!」と実感しました!

小林 1階には24畳のLDKに加えて、さらに2つのパティオがありますので、かなり広い空間です。2階建ての家を創る場合は1階を大きく広く設計すると、外観がとても立派に格好良く仕上がるんです。そんな外観上の格好良さも去ることながら、昨今、家を建てる相談に来られるお客さまは皆、家族で過ごす空間や時間を何よりも大切に考えています。だからこそ、家族ゆったりリラックスできる暮らしには、広いLDKが必要なんです。家具やドア、さらにイタリアから直輸入の塗り壁「ユーロスタッコ」など、黒をカラー配置してシャープで男っぽい印象...しかし、それでいて全体の壁は白を用いて自然光を反射させて、光がそよぐ柔らかな雰囲気に仕上げています。だからモノトーンでも明るくて開放的なLDKなんです。またリビング横とダイニングキッチン横にパティオを2つら配置しているので、さらに開放感や明るさがパワーアップされています。この2つのパティオは実用面も抜群で、外からも出入り可能です。テラスとして使えるので、友人知人を招いたテラスパーティも楽しめます。

M 2階は1階に比べるとミニマムで、カラーリングも柔らかな印象ですね。

小林 2階建て一軒家は、1階を大きく2階は小さめに設計するのが、昨今のトレンドです。このモデルハウスも2階はミニマムに設計しましたが、6畳の主寝室の他に5畳2部屋の計3部屋を配置しました。さらに主寝室には1畳弱の書斎付きウォークインクローゼットが付いていますので、スペース的にも広さ的にも4人家族で十分な設定です。2階の設計で力を入れたのは、湿度と温度対策です。この辺りは琵琶湖が近いこともあって、湿度は高めなんです。そこで、2階の主寝室にもイタリアの漆喰の塗り壁「ユーロスタッコ」を採用しました。漆喰が湿度を下げてくれるので、夏でもモワ〜ッとした感じがないんです。エアコンの使用を抑えることができるので、電気代の節約にもなります。おかげでモデルハウスを見学にいらしたお客さまは皆、「主寝室も涼しくて気持ちいい」ととても気に入っていただけました。

M 素晴らしいですね! 次回はまごころ住宅ならではの優れた機能面、性能面について、さらに詳しくお聞きしたいと思います。




c23459ab-799d-45fc-9578-719f59a06fa1.png
黒とグレーを使った、クールなイメージの外観。トレンド感を少しプラスするために、2階の窓は横長に設計。駐車スペースはインナーガレージに1台、玄関横に2台、計3台です。奥さまのマイカーも来客用の車の駐車も十分確保。




0cf431e2-adba-402a-92ab-569022ec72d4.png
インナーガレージは、玄関から出入りしなくても、もちろん家の中からも直接出入り可能。だから雨の日でも濡れる心配もありません。リビング脇の窓からインナーガレージの愛車を眺めることもできます。車好きのご主人には堪らない演出が施されています。




d48e2262-08e8-4de1-8421-9175074a0174.png
リビングにも、イタリア直輸入の塗り壁「ユーロスタッコ」を大胆に大きく配置。もちろんこれもMADURO STYLEの標準装備。モデルハウスを見学しに来たお客さまは皆、「こんなお洒落な壁があるんですね!」「見たことない!素敵!」と感嘆! もちろん防湿性も抜群です。デザイン面、機能面の両方を兼ね備えた壁は、他社には決してできないMADURO STYLEの最高アドバンテージの1つです。




a23f0b0b-ed91-4444-b957-dffea0ab4991.png
ダイニングキッキン横のパティオは、ダイニングキッチンの大きな窓から繋がっているので、まさに第2ダイニング。窓を開ければちょっとしたパーティ仕様の大きさに! テーブルと椅子を配置したウッドデッキ仕様で、昼はオープンカフェとしても、夜は夜空バーとしても、はたまたバーベキューしても、多種多様なスペースとして活用できます。奥さまがキッキンで調理しながら見守れる設計なので、子供の遊び場としても◎。




85cf553f-4e4d-47fb-8754-879da62b893d.png
玄関を入った左手には、nattoku住宅お得意のコロナ動線が。玄関→洗面→ランドリー→浴室と、玄関から水回りを1つの動線をまとめ、外からのホコリやウイルスを家の中に持ち込みません。洗面、ランドリー、浴室の水回りは白を基調に明るさも重視。イタリアの洗面台メーカー「カーザバス」など高級感あるモノを使用。




20c69ed1-8d89-466a-8c3b-4184f15d7d02.png
2階のご夫婦の主寝室の奥には、ユーロスタッコの大きな壁漆喰の壁が。湿気を吸収してくれるので、夏でも過ごしやすく、梅雨時でも爽やかさをキープ。気持ち良く眠ることができます。




50f87be1-3565-43d2-9195-52e5394891a5.png
2階の主寝室には、1畳弱の書斎付きウォーキングクローゼットを設けました。もちろんリモートワークも可能。コロナ禍における、ご主人のお仕事対応にも抜かりはありません。




0a4354a0-584b-4364-beda-40937589dc8b.png
このモデルハウスは4人家族想定なので、2階には主寝室の他に2つの子供部屋を配置。2つの子供部屋にはトレンドである横長の窓を設けました。柔らかな自然光がたくさん入る仕様です。グレーと白を基調としたカラーリングで、明るく優しい雰囲気に仕上げています。





91adea2d-0f01-4a3f-b7b4-11609d3ae478.png
まごころ住宅
彦根支店・店長
小林秀一郎さん

1979年生まれ。滋賀県出身。23歳の頃から不動産業に携わり、2013年のまごころ住宅設立時に入社。6年ほど現場監督を務めて、その後、営業に。「不動産や建物の構造まで熟知している営業」としてお客さまから信頼され、メキメキと成績を上げていきました。当時は、営業の最前線として年間20棟販売。現在は店長として彦根支店を統括。妻と4人の子供をこよなく愛す、良きパパでもあります。


MADURO STYLE滋賀モデルハウス
滋賀県彦根市西今町775-62
営業/10:00〜17:00(予約制)

まごころ住宅 岐阜本社
☎️058-214-7790
岐阜県岐阜市東鶉3-61

まごころ住宅 彦根支店
☎️0120-23-1855
滋賀県彦根市戸賀町153-4


地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?

サイト内検索