MADURO STYLE第125回/まるでNYのカフェのよう!人気コーディネーター植松さんが手がけるMADURO STYLE沼津モデルハウスが完成!

2022.07.15

MADURO STYLEの完全注文住宅をプロデュースするnattoku住宅。その三島店の店長にしてトップコンシェルジュ、そして人気デザインコーディネーターでもある植松大輔さんが設計デザインしたMADURO STYLE沼津モデルハウスが、静岡県沼津市に完成。トレンドを取り入れたデザインと絶妙なカラーリングのモデルハウスは、オープニングイベントに訪れたお客さまからも大絶賛! このモデルハウスのコンセプトについて、植松さんに取材インタビューしました。

MADURO STYLE沼津モデルハウス3つの魅力

①家族の特別な時間を演出してくれる、アウトドア&カフェライクなセンスのいいオープンテラス。
モデルハウスの外観を見ると、最初に目に飛び込んでくるのが、正面に位置するオープンテラス。ウォーターガーデン、ラグジュアリーなテーブルと椅子を設置。まるでNYのオープンカフェのようなスタイリッシュ感です。「家族とのウェルビーイングな時間を大切にしてほしいから、自宅でもオープンエアな雰囲気を楽しめるカフェ空間を創りました」と植松さん。


スクリーンショット 2022-07-16 11.05.19.png



②家族が365日集まる多種多様な場所だからこそ、広々開放的に設計したダイニングキッチン。
「1階のダイニングキッチンは、単なる食事をするだけの場所ではありません!」と植松さん。365日毎日家族が集まる場所だからこそ、食事はもちろん、お茶したり、皆でゲームしたり、ダイニングでお子さんが学習したり...さらに友人知人を招いてホームパーティーしたりと多種多様。そこで植松さんはLDKをリビング12.5畳、ダイニングキッチン15畳で設計。ダイニングキッチンのスペースをうんと広く採りました。「リラックスタイムはリビングで!というのが、これまでのLDK創りの主流でした。しかし、これからはダイニングキッチンがリラックス空間の中心になります。NYのダイニングカフェのような居心地の良さとスタイリッシュさを同居させました」と植松さん。


スクリーンショット 2022-07-16 11.05.26.png


③寝る場所だからこそラグジュアリー感を!セレクトショップのような収納スペースを備えた主寝室。
「1日を締めくくる、寝る前の至福のひととき」「リラックス&スローヒーリングな質の高い睡眠」にも、徹底的にこだわっている植松さん。当然、2階の主寝室の設計にも、とことんこだわりました。「スタイリッシュ&モダンだけを追求すると、白×黒のモノトーンになります。しかし、主寝室としての居心地の良さも考慮して、グレーをメインカラーにして黒を挿し色にしました」と植松さん。またウォークインクローゼットの扉をガラス扉にして、セレクトショップのような「見せる収納」にしたのも大ポイント。「私自身も含めて静岡には服好きな人が多いんです。だから、服を眺められるような設計にしました。また主寝室のクローゼットは他人から見られない分散らかりがちなので、ガラス扉でいつも見えていると、洋服の整理整頓にもつなかります」と植松さん。


スクリーンショット 2022-07-16 11.05.32.png


MADURO編集部(以下Mに略) 納得住宅工房さんが直接手がけるMADURO STYLEのモデルハウスとしては4軒目、植松さん設計デザインとしては2軒目となるモデルハウスが完成しました! おめでとうございます!

植松 はい! 掛川、浜松、富士のMADURO STYLEモデルハウスに続いて今回の沼津は7棟目 、私の設計デザインとしては掛川に続き2軒目となります。よく大手住宅メーカーに見られるような画一的なワンパターンの家創りは、これまで絶対に納得住宅工房ではしてきませんでした。100の家族がいれば100通りの家創りがある...例外なく今回も、これまでの納得住宅工房のモデルハウスとも明らかな差別化を強く意識しました。例えば、富士のモデルハウス(MADURO STYLE第122〜123回参照)は、女性らしさを前面に強く打ち出し、奥さま目線で設計しています。掛川、浜松のモデルハウスは、逆に男性らしさを主張しています。今回のMADURO STYLE沼津モデルハウスは、老若男女問わずに多くのお客さまに支持いただけるように設計いたしました。「納得住宅工房は多種多様にいろんなパターンの家を創れます!」とアピールできなければ、新しくモデルハウスを創る意味がありません! 静岡県内にある納得住宅工房のモデルハウスをクルージングしていただければ、その多種多様な多面性に驚かれることでしょう。お客さまはいろんなパターンの家創りをチェックしながら、それぞれのご家族に合った暮らしを弊社のコンシェルジュや設計士がチームとなってヒアリングしながら具現化していきます。この完全注文住宅システムは、他の住宅メーカーでは決して真似できないことです。

M 素晴らしいですね! 沼津〜三島まで電車でおよそ5分、三島〜品川まで新幹線で40分前後、つまり沼津〜東京圏内まで1時間くらいなので、立地面も素晴らしいですね! 沼津は都心までの通勤圏内トいうのはもちろん、三島、富士など近隣へのアクセス便利ですよね!

植松 そうなんです!沼津は交通至便です。それ故に今年3月に行ったMADURO STYLE沼津モデルハウスのオープニングイベントでは、全国から行列が出来るほどののお客さまにご来場いただけました。どのお客さまもこのモデルハウスをひと目で気に入っていただき、その場で新築一戸建てのご成約をいただくこともできました。私としては、お客さまに長い時間をかけて説明させていただくよりも、見るだけで「こんな暮らしをしたい!」と感激していただける...そんなお客さまの笑顔を想像しながら、設計デザインいたしました。「言葉よりも目に響くモデルハウス」が完成しました。オープニングイベントを訪れたお客さまから、そんなたくさんの笑顔をいただけて最高です!

M 常にお客さま第一の目線の植松さんだからこそ行き着いた「言葉よりも目に響くモデルハウス」ですね! 素敵すぎるお言葉です。どんな「目に響く」設計デザインをしたのでしょうか?

植松 第一はカラーリングです。外観も内観もグレーを多用し、木目もふんだんに使用しました。この「グレー×木目」の組み合わせはなかなか他に見ないのですが、私の中では「王道の組み合わせ」です。老若男女問わずに誰もが素直に「ああっ、素敵だな!」と感じる組み合わせです。さらにオープンテラスを設けたり、キッチンの棚をクリアなガラスにしたりと「生活を隠す」のではなく、あえて「見せる趣向」を強く意識しました。ミラノサローネが開催されるイタリアを含め、ヨーロッパでは一般的な趣向ですが、日本はまだまだ「隠す趣向」が主流です。お洒落な暮らしを楽しむために、国内外の「新しい趣向」をお客さまにこれからもご提案していきます。

M 深いです! 単なるお洒落や素敵なデザインというだけでなく、その裏側には新しい提案と要素が盛り込まれているんですね。感服です。さすが新進気鋭の設計デザインをされる植松さんですね!


スクリーンショット 2022-07-16 11.05.44.png
外観正面は南向きで、駐車スペースは5〜6台と広くて開放的。お洒落なカフェのような雰囲気の外観は、モデルハウスを訪れたお客さまからも大好評!


スクリーンショット 2022-07-16 11.05.54.png
リビングの壁はグレーに近いアイボリーを採用。ブラウンのソファと天井の張りのライトブラウンの木が、見事にマッチ。お洒落ながらも優しい印象に仕上がっています。外のクルマの音も気にならない防音性の高さも特徴です。

スクリーンショット 2022-07-16 11.06.15.png
リビングの壁はグレーに近いアイボリーですが、一番奥の一面だけグレーを採用。ダイニングキッチンの天井と壁のグレーに合わせました。「このカラーコーディネートのおかげで一体感が生まれて、1階のLDKがとても広く感じるんです」と植松さん。

スクリーンショット 2022-07-16 11.06.31.png
1階リビングに隣接する書斎兼リモートルーム。イタリア製タイルと木目を組み合わせ壁は、植松さんならではの絶妙なセンスの良さです。


スクリーンショット 2022-07-16 11.06.47.png
3.5畳のコンパクトサイズの和室もリビングに隣接。最近、若いお客さまから「小さくてもいいので、和室が欲しい」というご要望が増えたそう。そんなお客さまの声も、モデルハウスに反映しています。和室の壁には吸放湿性に優れた薩摩中霧島壁を採用。落ち着いた雰囲気に仕上がっています。


スクリーンショット 2022-07-16 11.06.58.png
玄関を入った右手の壁は、MADURO STYLE標準仕様のイタリア直輸入の塗り壁「ユーロスタッコ」を採用。単なる塗り壁仕上げではなく、さらに塗り壁に切り込みを入れてタイル調に仕上げました。


スクリーンショット 2022-07-16 11.07.08.png
玄関を入って左側に洗面、ランドリー、浴室の水回りをまとめました。この玄関すぐ横に水回りを儲ける設計は、納得住宅工房ならではの真骨頂。外からのホコリやウイルスなどを家の中に持ちこまない動線は、お客さまに大好評。これぞ、まさに暮らしを第一に考えた設計です。


スクリーンショット 2022-07-16 11.07.19.png
階段を上がった2階正面の壁にも、イタリア直輸入の「ユーロスタッコ」を採用。2階廊下のフローリングと天井には「ブルーノ」と名付けられた凸凹した天然無垢の木材を採用。間接照明で天然無垢材の凸凹した印影を出して、優しい雰囲気を演出。2階には主寝室、子供部屋の他に、心地いい風を感じられるインナーバルコニーも配置。


スクリーンショット 2022-07-16 11.11.25.png
納得住宅工房
静岡東エリアリーダー
植松大輔さん

広告代理店での営業経験を経て、納得住宅工房に入社。30代の若さで、静岡県東部のエリアリーダーにして三島店店長も兼任。さらにトップコンシェルジュにして人気デザインコーディネーター。久保代表にデザインを師事し、営業担当でありながら、設計士を束ね、デザイン提案をするデコラボ主宰まで担当。その提案力は、お客さまからも絶大な支持。営業〜コーディネート〜設計デザイン〜アフターのホスピタリティまでトータルに1人何役もこなすマルチプレイヤーです。私生活では2人の息子に恵まれた良きパパでもあります。
MADURO STYLE沼津モデルハウス
☎️055-973-7109
静岡県沼津市東椎路848-2
※完全予約制

納得住宅工房三島店
☎️055-973-7109
静岡県駿東郡清水町伏見798-1
営業/10:00~20:00

サイト内検索