Vol.10  ウォーターガーデン

2021.10.20

日常の中に非日常の景色をもたらすウォーターガーデンは、小さな「滝」のような設備です。
薪ストーブが「木と炎」なら、ウォーターガーデンは「水と光」による癒やし効果があると言えるでしょう。

「ウォーターガーデンは店舗や会社に設置して、人を楽しませるための物では?」と思われる方が多いかもしれません。確かに、ホテルやレストラン、高級なショップ、大企業のロビーなどで見かけることもあります。
しかし、住宅に取り入れる方もまだ少数派ではありますが、いらっしゃいます。水の音と光は住まう人の五感を癒やすだけではなく、ラグジュアリーな空間をより引き立ててくれます。

エントランスや中庭、2階のベランダなどに設置すると、小川のせせらぎのような軽やかな水の音が極上の癒やしを与え、自宅でくつろぎながらリゾート感を満喫することができます。
また、庭から水の音が聴こえてくると、デスクワークが捗ったり、眠りが深くなったりすることも期待できます。

特に美しいと感じるのは夜です。ウォーターガーデンの壁面を照らす間接照明が美しい水の動きを表現し、水紋に合わせて光が揺れて、幻想的な雰囲気になります。
LDKから外を眺めるとき、家の中からホテルのラウンジや高級リゾートの夜のバーの雰囲気を満喫できます。

ウォーターガーデンの水と光と音は、自然な揺らぎのリズムが見る人の心とからだを癒やす「1/fの揺らぎ」と言われます。
波の音やろうそくの炎、星の瞬き、木の年輪などのほか、赤ちゃんがお母さんの胸に抱かれると、いつの間にかスヤスヤ寝てしまうのも、人間の心拍の音が心地いい「1/fのゆらぎ」です。

施工は簡単で、ウォーターガーデンがあるだけで常に水を感じる庭が完成します。水は常に循環しているので、水道代が跳ね上がるという心配もありません。
太陽の直射日光があたらない場所に設置すれば、コケも生えにくくメンテナンスもラクラク。

興味のある方は、納得住宅工房の浜松店、静岡店で実際にご覧になってみてください。色はアイボリーとホワイトの2種類から選ぶことができます。

サイト内検索