家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

キッチン

KITCHEN

2021.08.06

オーナー様こだわりのアイランドキッチン。天井にアクセントをつけることにより、特別なスペースに感じられます。モスグリーンのカップボードもおしゃれ。

リューケンハイム

キッチンの足元を一段下げて照明を施し、 異なるフロアタイルの色味を立体的に味わえるようにデザインしました。

納得住宅工房

キッチンはマット仕上げに。御影石の天板と合わせて、質感の異なる黒のコントラストを楽しめます。フローリングの貼り方向を合わせることで空間のラインが整い、安定感のある心地よさが生まれます。

納得住宅工房

思わず手を触れたくなるマットな肌感が美しい新作のキッチンFLOREは、MADURO STYLEのオリジナル。使い勝手と美しさ双方を兼ね備えたデザインが、毎日の家事をより豊かな時間にしてくれます。

納得住宅工房

上品な重厚感を放つ無垢突板貼りのオリジナルキッチン。パティオを一望できる開放的な空間で、毎日のお料理タイムも快適に。

納得住宅工房

マットブラックがかっこいい、新作のキッチンフィオーレ。

納得住宅工房

キッチンとダイニイングを横並びにしたアイランドスタイル。左右からの回遊性や背面収納にもこだわりました。

納得住宅工房

無垢の心地よさが広がる空間に、上品に佇むキッチン。キッチンの裏にパントリー→洗面→玄関ホールにへ回遊できる動線にもこだわりました。

納得住宅工房

キッチンの前面に設けたカウンターには、家族の写真やお気に入りの小物を飾れるスペースと扉付きの収納を作りました。

納得住宅工房

キッチンもモノトーンでコーディネート。漆喰の優しい白と柱や床の無垢の表情が、有機的な心地よさをもたらします。

納得住宅工房

使い勝手とデザインを同時に叶えたスタイリッシュなキッチン。「毎日の料理が楽しくなる立ちたくなるキッチン!」と奥様がリクエスト。

納得住宅工房

LDKを見渡せるオープンキッチン。水回りをキッチンの周辺にまとめ、家事動線にも配慮しています。

納得住宅工房

鏡面仕上げのツヤ感が美しいアイランドキッチン。 ガスコンロ前面にガラスパネルを貼ることで、美しさを損なわずに油の飛散を防止。 日々の使い勝手も大切なポイントです。

納得住宅工房

造作の収納棚は「しまう」と「飾る」どちらも楽しめるデザインに。たっぷりしまえる収納力と見せる収納にこだわりました。

納得住宅工房

キッチンの側面を利用して、大容量の収納カウンターを作りました。リビング側に扉が開くので、雑誌やDVDなどリビングのくつろぎグッズをたっぷり収納できます。収納棚と天板の間のスペースは、季節の雑貨や思い出の品などを飾るスペースに。

納得住宅工房

パッと目を引く、マットレッドのキッチンはウォルナットの床とも好相性。

納得住宅工房

白を基調にしたダイニングキッチン。子供のおやつや宿題タイムなどに、家事をこなすママと対面でコミュニケーションが取れるカウンターをつくりました。

納得住宅工房

天井にローズマホガニーカラーのシダーを施したダイニングキッチン。玄関からキッチンまでのスムーズな動線と背面収納にもこだわりました。

納得住宅工房

バシッと決まるマットブラックのキッチン。一見、男性好みのデザインかと思いきや、シャープ過ぎないレディな存在感は、絶妙コーディネートのなせる技。

納得住宅工房

キッチンもソファーとお揃いのネイビーとコーディネート。壁面収納とパントリーを設けて、家事動線も快適に。

納得住宅工房

どこにいても家族とつながっていられるLDK。左右どちらからでもアクセスできるアイランドキッチンは、食事の支度やお家パーティのときなど、使い勝手抜群です。

納得住宅工房

メイプルアンティーク仕上げの美しい木目に黒御影石の天板を合わせた上質なキッチン「REGAROⅢ」。家族の気配を感じながらゆったりと料理を楽しめます。

納得住宅工房

奥様のお気に入りのキッチン。足元の床の質感に合わせて、キッチンも木目調でコーディネートしました。ポイントは、収納の取っ手。黒をライン使いすることでメリハリが生まれ、木目の優しい雰囲気がグッと締まってモダンな雰囲気に。

納得住宅工房

子世帯のLDKはおしゃれなカフェ風モダン。「どこに、何を置こうかな?」お気に入りの食器や雑貨を、ひとつひとつ増やしていくのも楽しみのひとつ。 正面の壁はキッチンの雰囲気に合わせてグレーの漆喰でコーディネート。映画のワンシーンのようなおしゃれな空間に仕上がりました。

納得住宅工房

モノトーンでコーディネートされた大人のダイニング。この空間の主役は鏡面仕上げのキッチン「レガーロⅢ」 思わず触れたくなるような美しい艶、上品な存在感に、何度も見とれてしまう。

納得住宅工房

キッチンの腰壁にはアクセントにシダーを貼り、白い塗装をしてナチュラルな雰囲気に。アイランドキッチンを中心とした回遊性のある間取りがスムーズな家事動線をもたらします。

納得住宅工房

メープルの木目が上品に浮かぶビビッドカラーのキッチン、クラッチ加工のアンティークブラウンの床、吹き抜けに浮かぶ空中廊下、美しい艶を放つイタリア製のハイドア、ひとつひとつのマテリアルにこだわった上質な空間。

納得住宅工房

鏡面仕上げの美しい輝きを放つ、ビビッドレッドのキッチン。 ここに立つといつの間にか元気になってしまう、ビタミン空間。奥様お気に入りの場所。

納得住宅工房

素材感溢れるピーラー(米松)のアクセントウォール。木肌のぬくもりが空間全体に広がる。キッチンには磨き上げられた天然の御影石、人間工学に基づいてデザインされたグローエの水栓を施し、美しさと快適性が両立する理想の空間を創り上げた。

納得住宅工房

空間のヒロイン、エレガントに艶めくキッチン「レガーロⅢ」 丁寧に鏡面塗装を重ねた最高級の白。この家のテーマである「白」を象徴する輝きを放つ。1683年の創業以来、最高水準の調理器具を作り続けるドイツのGAGGENAU(ガゲナウ)のコンロ。洗練されたデザイン同士が美しさを相乗させる。

納得住宅工房

【マットブラックカラーのオーダーキッチン】 奥様の身長にあわせて作ったキッチンはシックなマットブラックカラーとステンレスカラーの相性が上品。背面には大容量の食器棚兼パントリー。ダイニング上の照明はダウンライトに納まっています。生活感を必要以上に出してしまいがちなキッチン周りをすっきりしたことで安心感と落ち着きのある空間を作り出しました。

納得住宅工房

和室の窓からキッチンを覗いてみましょう。お子様目線だとこんな感じで料理をしているお母さんを眺めたりお話をしたり。想像するとなんだか微笑ましいですね。ウッド調のカップボードとデザイン性の高いタイルとの相性も良いです。右側のドアは洗面所やウォークインクローゼットへとつながっています。

納得住宅工房

黒御影石とブラックの鏡面塗装が美しい納得オリジナルキッチン「REGALO3」。その優美なプロポーションとハイグレード感はインテリアの主役と言えます。床を白いタイルで仕上げ、バックヤードを黒縁の引き戸で隠したことで、生活感のないモノトーンの空間が実現しました。ご夫妻が“東京っぽいね”と絶賛するCOOLなダイニングで、奥さまのおいしい手料理と会話をシェアします。

納得住宅工房

TVの脇にあるスリット窓がまるでアートフレームのようにデザイン性を高めてくれるリビング。黒でコーディネートされたシックな空間です。

納得住宅工房

白でコーディネートされた、キッチン&ダイニング。清潔感と美しさが際立ちます。隣接する和室は床を上げ天井高を揃えました。間接照明を入れることで、夜の表情も演出しています。

納得住宅工房

玄関と同じく、塗装した杉板をランダムに配したキッチン。パッと見た感じ、日本の個人のお家には見えません。コンロ前はデザイン性を損なわないようガラス製の油飛散防止パネルを取り付けました。

納得住宅工房

ビビッドな赤いキッチンは納得住宅工房オリジナル。壁付けタイプのREGALOⅡをアイランド風にアレンジ。リビングからはネイビーの小壁に見える、1つで2倍楽しめるキッチンです。キッチンの近くにスタディコーナーを設けると子どもの勉強も見てあげられると好評です。

納得住宅工房

子世帯のキッチン側から見たLDK。一直線の配置で、それぞれが自由に好きなことをしていてもお互いを感じられる。

納得住宅工房

宙に浮かんだかのようなデザインの納得オリジナルキッチンです。カップボードもおそろいの色にできるのですが、キッチンが主役になるよう、カップボートは壁なじみの良い白にしました。

納得住宅工房

特注色のボルドーがセクシーなキッチン。通路は通常よりもゆったりとした広さを確保したため、2人で立っても余裕があります。ホームパーティーを開催したり、お友達に自慢したくなるような空間に仕上がりました。

納得住宅工房

洗礼されたホワイトで統一されたアイランドキッチン。 写真手前側には一面の収納棚があり収納たっぷりです。 隔離された奥様だけのスペースではなく、料理の時間も家族やご友人と楽しめます。

納得住宅工房

虎のような木目が美しいキッチンは納得オリジナル。シックなトーン、光が降り注ぐ吹抜けは、住宅というよりもさながらホテルや店舗のよう。

納得住宅工房

明るく爽やか、遊び心ある景色がキッチンに立つママの視界に広がります。杢目が美しい貴重な木材“フレイムメイプル”のキッチンはライムグリーンをチョイス、シンクをイエローにすることで軽やかな印象に。シャーベットカラーの照明とオレンジのリビングドアを引き立てるのは、優しい色味と質感の無垢フローリングです。キッチンからテレビが見えるのも嬉しいポイントです。

納得住宅工房

LDKと和室が一直線に並ぶ間取りです。仕切りを設けないことで、家族それぞれが別の場所で自由に過ごしていてもお互いを感じることが出来ます。白・黒・グレーの空間に、色ではなくシャンデリアやアイアンの階段や仕切りのデザインでアクセントを付けました。

納得住宅工房

キッチンの正面に設けられた大きな窓は中庭に繋がっており、カーテンを開けたままでも人目を気にせず過ごせる。納得住宅工房オリジナルキッチン“REGALO”。床が映り込むほどの艶やかな輝きは塗装工程を丁寧に繰り返すことで生まれる。生活感が出やすい収納は扉を付けることでスッキリと。

納得住宅工房

キッチンはもはやインテリアです。美しく、見ているだけで気分が高揚する、そんな着想のキッチンがあっても良いのではないでしょうか。もちろん、ゲストに魅せるためには、生活感を隠せてしまう大容量のカップボードも必須アイテムですね。

納得住宅工房

木目とテラコッタタイルが優しい印象を与える空間です。キッチンには壁を立ち上げ手元に目隠しを。炊飯器やポットなど生活感が出るアイテムも扉付のカップボードで簡単に隠せます。生活感はお洒落に隠してしまいましょう。

納得住宅工房

キッチンとカップボードは納得住宅工房オリジナル“REGALOⅢ(レガーロスリー)”のエボニー・マット×黒御影石。南からたっぷりと光の入るLDKは、遮る壁が無いので、お互いの存在が常に感じられます。木は少し赤味のある色を選び、暖かみを感じる空間に。

納得住宅工房

キッチンは虎目模様が美しい納得オリジナルの“REGALOⅣ”。ギターや高級車の内装にも使用される美しい杢目は、フレイムメイプルという希少な木材によるもの。

納得住宅工房

キッチンはイタリアのハイブランド“Varenna”を採用。ラインの美しさが特徴です。中央の大きな扉は“Mile”の食洗器。キッチン彩度の壁とAVボード後ろ御タイルを揃えたことで洗練された印象に。

納得住宅工房

モノトーンでコーディネートされた空間。ひときわ目を引くキッチンは納得住宅工房オリジナルの“REGALOⅣ(レガーロ4)”面材には“フレイムメイプル(楓)”を使用。虎柄の美しい杢目は希少価値が高い。外観からはイメージできないほど明るい空間に仕上がった。

納得住宅工房

納得住宅オリジナルの濃紺のキッチンと空色のリビングドアが爽やかなコーディネート、キッチンに配したタイルは甘くなりすぎない大人色をチョイス。主役たちに目が行くように、周囲は白で統一しました。

納得住宅工房

キッチンはゴミ箱収納スペースを設けました。長時間の下ごしらえ作業の際にはカウンターチェアを使用できます。ダイニングテーブルの奥には一枚板のカウンターが。右奥に見える飾り棚がデザインのアクセントになっています。家族写真や植物を飾れば、雰囲気が格段に素敵になります。

納得住宅工房

モノトーンの空間に赤いフレイムメープルのキッチンとパープルのソファーがSEXYな大人コーデ。キッチンとダイニングテーブルの高さを揃えるため、床を10㎝ほど下げています。ゲストが出入りするのはここまで。キッチンの先の引き戸を閉めれば、生活感の出やすいサニタリーを隠せます。

納得住宅工房

シックなトーンの空間に赤いキッチンが映える。カップボードは通常のものより広い幅にし、収納力もUP。

納得住宅工房

納得オリジナルキッチン、カラーはゼブラウッドアンティーク。ワークトップは黒御影石です。コンロ前は油跳ねを考慮しガラスのはめ込み窓に。カウンターで囲まれているので配膳や片付けもスマートです。

納得住宅工房

建物自体の色味は抑えて、インテリアで思い切り遊び心をプラス!本邦初公開のマットブルーのキッチン、パープルやグリーンの椅子は納得住宅工房オリジナルです。自然素材が体を、POPな色遣いが心を元気にします。

納得住宅工房

黒×赤のキッチン。鮮やかな発色のキッチンに、周りの床や壁が映り込んでいます。ワークトップは天然の御影石、なかなか見かけないこの贅沢なキッチンも納得では多くの方にご採用頂いています。

納得住宅工房

アイランドキッチンと違い、壁付けタイプは手元が隠せることが嬉しいポイント。腰壁の天板を広く取れば、ちょっと物を置いたりと、あると便利なカウンターになります。

納得住宅工房

〈 / 〉