家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

LDK

LDK

2021.08.17

スキップフロアのダイニングキッチン。他の空間との繋がりを持たせながらも、区切ることができます。アイランドキッチンは室内にもマッチして、存在感が際立ちます。

リューケンハイム

モノトーンの色合いで統一したキッチン。大理石調のフロアタイルが、まるでホテルを思わせるようなラグジュアリーな仕上がりに。

リューケンハイム

キッチンに隣接したカウンターはダイニングテーブルとして使用。作った料理をすぐに出すことができる短い動線が便利です。キッチン背面には収納&パントリー。造作なので使いやすいこと間違いなし!

リューケンハイム

LDKのフロアは石目調のフロアータイルでコーディネート。 生活感を感じさせないデザイン性とお手入れのしやすさを兼ね備えています。 造作のモールテックス仕上げのダイニングキッチは、 キッチンとテーブルの天板を一枚につなげて、美しい存在感を放っています。

納得住宅工房

一見長方形に見えるLDKは、リビングが手前から奥に向かって細くなった台形型の設計。一直線に抜ける開放感がダイナミックに広がっています。

納得住宅工房

家族の気配を感じつつ、ちょうどいい距離感で落ち着けるL字型のLDK。AVボードの壁面裏にミニ畳コーナーを作りました。

納得住宅工房

27帖のゆったりとしたL字型のLDK。リビングの隣には板の間付きのミニ畳コーナーが。

納得住宅工房

LDK全体を無垢の床材で統一。表面の凹凸が足裏に馴染むオリジナル床材 『フレディ』はゲストに「床暖房?」と聞かれるほどの心地よさ。

納得住宅工房

ワンフロアの開放感を共有しつつ、それぞれの「間」を楽しめる心地いいLDK。

納得住宅工房

センターブラウンのオークフローリングに合わせたシダー張りの天井がおしゃれなLDK。 床と天井の貼り方向を合わせ、シンメトリーなニュアンスを表現しました。

納得住宅工房

中央に位置するスケルトン階段は、吹き抜けの開放感を損なわずに、LDKのシンボルとして美しい存在感を放っています。

納得住宅工房

リビングの吹き抜けから心地いい光が差し込むLDK。 キッチンは白で統一し、爽やかスタイリッシュに。

納得住宅工房

ご両親世帯のLDKは、ダイニングテーブルを置かずカウンターで食事をとるスタイルに。

納得住宅工房

L字型に配置したLDK。ダイニングの向こうの壁に、電話やパソコンを置ける造作のカウンターデスクをつくりました。壁には子供のおたよりや家族の連絡事項を共有できるホワイトボードも。宿題タイムやパソコン操作など、いろんなシーンで活躍してくれそう。

納得住宅工房

ブラウンをベースに黒とグレーをアクセントに取り入れて、落ち着きのあるスタイリッシュな空間に。 無垢の素朴な質感と鏡面仕上げのイタリア製ドアの対比が互いの個性を引き立てあっています。

納得住宅工房

Iラインに並んだLDK。三角形の吹き抜けに、ナナメに伸びる階段。一見、不思議な間取りなのに、不思議と落ち着く心地よさ。特注色のターコイズブルーのソファが爽やかに映えます。

納得住宅工房

中央の吹き抜けから光が注ぐ、LDK+小上がり和室の大空間。どこにいても家族の気配を感じられる、安心感のある心地よさに包まれています。

納得住宅工房

ブラウン調でコーディネートした深みのあるナチュラルモダン。 吹き抜けから注ぐ穏やかな自然光と無垢の温もりが空間全体に広がります。

納得住宅工房

仕切りのない開放的な大空間で家族の気配とつながりつつも、それぞれの「間」を堪能できる絶妙な空間構成。

納得住宅工房

木が映える『控えめ白』にこだわった大人ナチュラルなLDK 。 漆喰の白、ファブリックの白、木材の白塗装、美しく塗装されたマットな白。素材の良さが引き立つ本物の白がバランスよく調和し、スクラッチ加工を施した床材クリアオークと無垢の梁、パイン材の棚板などの木目を美しく引き出している。

納得住宅工房

リビングドアを開けると飛び込んでくるのがインナーパティオに面した大開口。そしてリビング側とダイニング側2つの吹き抜け。部屋全体に明るさと開放感が感じられます。たくさんの光を取り込み青空も確保しつつ、外部からの視線が気にならない憧れのプライベート空間を叶えました。

納得住宅工房

デザインと使い勝手を両立した、ダイニングテーブル一体型のオーダーキッチン。床の高さを下げ、ダイニングと目線の高さが同じになるようにしました。 キッチンと同じ素材でカップボードの引き戸を造り、空間が映り込むことでより広く感じられます。川に面した窓からコートテラスに出て、BBQやカフェタイムを楽しめます。

納得住宅工房

開放感あふれるリビングは、吹抜けからたっぷりの光を招き入れ、リゾート感を演出します。足裏に凸凹感が気持ちよく伝わる無垢の床はオリジナルの「FREDDY」。

納得住宅工房

オリジナルキッチン、ダイニングセット、ソファでコーディネートされた子世帯のLDK。

納得住宅工房

天井と壁のラインが、奥行きを強調するので、実際よりもさらに広く感じるLDKです。デザインにこだわった階段なら、リビングに有ってもおしゃれですね。

納得住宅工房

アンティーク感漂う錆色のタイルを施したアクセントウォールは、タイルなのに有機的な温もりを感じさせる。天井やペンダント照明も木を使用することによって、濃い色の組み合わせでも重くなり過ぎず、優しい印象のリビングに仕上がった。

納得住宅工房

落ち着いた色遣いの居心地の良いリビングです。あえて一段下げたリビングは、リビングとダイニングを切り替える空間のメリハリを生みますし、吹き抜けと相まって開放感も得られます。写真奥に見える濃紺のキッチンですが…実は赤いんです。キッチンの写真もぜひ、ご覧ください。

納得住宅工房

ボルドーのアウトセットリビングドアと特注のキッチンが主役の空間です。大きな窓と坪庭から、たっぷりと光が入ってきます。

納得住宅工房

72.21坪の堂々たる二世帯住宅です。外部から遮断されたインナーパティオのみを共有し、キッチン、バス、トイレなどもそれぞれの世帯に設置しました。こちらは子世帯のLDK+和室です。

納得住宅工房

随所に収納コーナーを設けた使い勝手の良い間取りです。色味は多く加えず、漆喰の白と木の柔らかな色合いでコーディネートしました。フェイクではなく手作業で仕上げた自然素材の空間は少ない色味でも質の良さや重厚感が漂います。

納得住宅工房

キッチンに立てば、カウンター越しにこんな景色が見えます。毎日の暮らしがとっても贅沢に感じられます。こだわりたっぷりのペンダントライトにも注目です。

納得住宅工房

オールステンのキッチンとクロームカラーのペンダントライトがアクセントになっています。この作品の中心にある和室には、ご主人様のこだわりがたっぷりと詰まっています。ダイニングからもリビングからもアクセスできる和室が特徴的な作品です。

納得住宅工房

キッチン奥には収納と手洗い場があります。ソファと合わせたネイビーのクロスがアクセントに。開放的な吹抜けからリビングにたくさんの光が降り注ぎ、階段途中に設けられたスタディスペースからは、笑顔の子どもたちが顔を覗かせます。

納得住宅工房

白を基調としたリビング&ダイニング、照明はこだわって選んだ“レクリント”です。AVボード背面の壁はシンメトリーにグレーのタイルを配しました。なめらかな漆喰の質感の中に、タイルの表情豊かな質感と、照明による陰影が加わり、上質なくつろぎの空間になりました。

納得住宅工房

2世帯で兼用する、LDKとパティオです。ダイニングチェアの色を変えて遊び心を、キッチンの赤が華やかさを添えます。パティオとの距離が近いので、気軽にBBQや、お茶を愉しむことができます。

納得住宅工房

CAFEデザインを考える上で外せないポイントは、ふんだんに活かした木の温もり、デザインチェア、飾りつけが楽しい見せる収納の3つです。照明と植栽も思い切り愉しんで下さい。居心地や雰囲気の良さを考えると、無垢の木材や漆喰の手塗り壁がオススメです。

納得住宅工房

着かず離れず、自然と家族が集まって過ごす時間が増える、仕切りの無いLDKです。

納得住宅工房

空間を仕切るために格子を用いたおかげで、圧迫感の無い美しい空間のアクセントになりました。和室はお施主様の感性に合わせ、一般的な物より少し暗めに設定しました。

納得住宅工房

キッチンに立つママ、ダイニングテーブルで勉強する子ども、ソファで寛ぐパパがキッチンを振り返る…そんな家族の距離や目線までデザインしました。リビング脇の窓は大きなものを1つではなく中くらいのサイズを3つ配すことで軽やかな印象を与えます。

納得住宅工房

たっぷりと南からの光が降り注ぐステップフロアスタイル。お食事中は外部の視線を気にせずにリラックスして。リビングでくつろぐときには目線を合わせることなく外の景色を楽しむことが出来ます。

納得住宅工房

コロンとしたペンダントライトが愛らしいダイニング。赤みがかった茶色は、“温かさ”や“安らぎ”を感じさせます。AVボードも家の雰囲気に合わせて特別に作成しました。トーンを揃えているのでお施主様が飾る雑貨や植物などが良く映える事でしょう。

納得住宅工房

爽やかな空間に、ビビッドな赤のキッチンがキュート!手前に写っているダイニングテーブル“GEN(ゲン)”はタモ材の天板にアイアンのフレームという重厚な造りの納得住宅オリジナルです。本物の木だからこそ経年変化を家族の成長とともに愉しむことが出来ます。

納得住宅工房

ダークトーンの木目が空間を引き締めます。床はマットな質感のオリジナル建材“FREDDY(フレディ)”。柱の質感とも区相性です。吹抜けの魅力は解放感はもちろん、違う階にいてもお互いの気配を感じられることだと思います。

納得住宅工房

語り始めたらとまらない、エピソードのある大好きな芋焼酎たち。壁の上部にある四角いものは音響スピーカーです。障子のデザインもN様オリジナル。暮らしをとことん愉しもうと考えたら、こうなりました。

納得住宅工房

〈 / 〉