家を建てたい人と家を創ってくれる人を結ぶオンラインマガジン。

外観

APPEARANCE

2021.08.04

遠くからでも目を惹く外観。玄関、リビング、ダイニングで囲われたタイルデッキは特別なプライベート空間になります。

リューケンハイム

外観は白とグレーのツートーンでコーディネート。 西側からの眺望を大胆に取り入れた大きな窓がポイントです。

納得住宅工房

ラインの美しさが引き立つツートンカラーの外観。

納得住宅工房

車通りの多い道路側からの視線を考慮し、目線の高さに窓を作らず、玄関も側面側に配慮しました。外壁のアクセントと屋根の勾配が、建物の立体的な美しさを引き立てます。

納得住宅工房

真っ白な壁面と個性的なフォルムが青空に映える外観。

納得住宅工房

無駄のない美しさと快適な住み心地がバランスよくデザインされた外観。

納得住宅工房

爽やかなグレーが目を引く外観。

納得住宅工房

外観は、プライバシーを重視したシンプル&ミニマムなデザインに。何種類もある「黒」の中から選んだというマットな色合いはおふたりのお気に入り。

納得住宅工房

中央の窓から出入りできるウッドデッキ、手前のお庭にはすてきちゃんのドックランを作る予定です。

納得住宅工房

ツートンの色使いとアシンメトリーなフォルムがスタイリッシュな外観。

納得住宅工房

道路側は目線の高さに窓を設けず外部からの視線に配慮。線を削ぎ落とすことで、屋根の勾配のアシンメトリーラインが引き立ちます。

納得住宅工房

道路側の窓を少なくして住空間のプライベートを保護。庭側に大きな窓を配して室内にたっぷりと光を取り込みます。

納得住宅工房

立体的なコントラストが美しい外観。エントランス部分にグレーと木目のアクセントを加えました。

納得住宅工房

青空に映える真っ白な外観。 中央のテラスから沖縄をイメージしたリゾートテイストのお庭を楽しめます。

納得住宅工房

コンセプトは「大人のエステサロン」 無駄のないスタイリッシュなデザインに女性らしさと可愛らしさをミックスしたエレガントなスタイルに。 玄関前のアイアンには、夜になると照明で隙間から光が漏れる演出が。

納得住宅工房

ツートンカラーのスタイリッシュな外観。シンメトリーに並ぶスリット窓は、道路側からの視線をカバーしつつ、直線的なラインの美しさを引き立てています。

納得住宅工房

青空にひときわ目を引く、真っ白なキューブ型の外観。室内には、吹き抜けから光が届く開放的なLDKが広がっています。

納得住宅工房

シンプルにコントラストを際立たせたスタイリッシュな外観。

納得住宅工房

L字型の間取りの内角に、シンボルツリーのオリーブを植えました。 玄関ホールやLDK、それぞれからオリーブを眺められるようにデザインしました。

納得住宅工房

道路に面した玄関側は目線の高さに窓を設けずプライバシーを確保。庭側に大きな窓を配し、室内は明るく開放的。

納得住宅工房

爽やかな白が心地よく青空に映える外観。 立体的な造形とタイルを張ったアクセントウォールが美しい個性を放ちます。

納得住宅工房

街中の立地を有効活用し、住空間を縦に伸ばして前面に2台分の駐車場を確保。 目線の高さに窓を設けず、家族のプライバシーを確保しています。

納得住宅工房

道路に面した玄関側は窓を少なくして、外部からの視線をカバー。お庭側に設けたウッドデッキが、LDKに心地いい光と開放感をもたらします。

納得住宅工房

アウトサイドは、外部からの視線をカバーしつつ、街並みに溶け込むベーシックなスタイルに。 内側には外観からは想像できない開放的な空間が広がっています。

納得住宅工房

青空が似合う爽やかな外観。玄関扉を開くと、外からは想像できない「ナナメ」の空間が広がっています。

納得住宅工房

閑静な住宅街でひときわ目を引く、爽やかな外観。通り側の窓を減らし、裏側から採光を確保。外部からの視線を気にせずにプライベートな開放感を楽しめます。

納得住宅工房

真っ白な外壁が青空に映える爽やかな外観。玄関とバルコニーに、このお家のチャームポイントのアールを取り入れました。

納得住宅工房

道路側の外観は外部からの視線に配慮し側面に玄関を設けました。シンメトリーに並ぶ窓が、片流れ屋根の美しいラインを引き立てます。

納得住宅工房

前後左右を住宅に囲まれたの立地のため、道路側は外部からの視線をカバーし、プライベートを確保。内側には開放感的な空間が広がっています。

納得住宅工房

敷地の南側に広々としたテラスを設けました。家族でバーベキューをしたり、お洗濯を干したり。チェアに腰をかけて、お庭を駆け回る子供たちの様子を見守ったり。いろんなシーンを楽しめます。

納得住宅工房

向かい側が小学校の校門ということもあり、道路側からの視線をカバー。シダー貼りのポーチ壁が、ミニマルな外観のアクセントになっています。

納得住宅工房

敷地の形状を生かしたL字の間取りを採用して、十分な採光と駐車スペースを確保しました。旦那様の事務所部分は外壁をスカイブルーに塗って個性をプラス。

納得住宅工房

北向きの玄関側は大きな窓を設けず道路からの視線をカバー。愛車を雨風から守るインナーガレージは旦那様のこだわり。インナーガレージから室内へ出入りできる動線にも配慮しました。

納得住宅工房

玄関側はスリット窓を採用し、シンメトリーな美しさを放ちつつ、外部からの視線をカバー。キッチンから出入りできるウッドデッキを囲むようにコの字型の間取りになっています。

納得住宅工房

白で統一したシンプルモダンな外観。 天然石をノミで削ったようなやわらかな陰影を浮かべる壁面が穏やかな重厚感を放っています。屋根の形状を利用し、小屋裏収納を設けました。

納得住宅工房

片流れ屋根の直線美がシンプルに際立つ外観。

納得住宅工房

直角ではない斜めに折れた壁が特徴的な外観。ALCの壁にレンガを合わせました。 異なる素材を部分的に使うことで、それぞれの質感が相乗し、より味わい深いデザインに仕上がりになっています。

納得住宅工房

大きな切妻屋根はこの家のシンボル。土地の形状を活かし、勝手口から出入りできるカーポートを設けました。

納得住宅工房

3層に連なる外壁。アシンメトリーなフォルムをより立体的に楽しめるよう、壁面を極限までシンプルに整えました。中央に2つのスリット窓をシンメトリーに配することで、安定感と陰影のグラデーションが生まれ、斬新なフォルムでありながら、穏やかな美しさを放っています。

納得住宅工房

大らかな迫力のある片流れ屋根。ちょこんと飛び出した煙突は、リビングの薪ストーブから伸びています。手前はガレージになっていて、雨の日でも濡れずにお家の中に入れます。

納得住宅工房

一見、平屋にも見える、美しく緩やかな片流れ屋根。 家の中心に位置するインナーパティオから、ふんわりとした灯りが溢れます。

納得住宅工房

家中に灯りが灯り、より一層存在感を増した外観。外壁の表情がより豊かになり、日中とは異なる美しさを放っています。

納得住宅工房

雑誌で見た憧れのイメージをもとに、家族の理想をひとつひとつかたちにしたサーファーズハウス。住み心地や生活動線、空間デザインなどアイデアが随所に盛り込まれています。

納得住宅工房

極限までラインを削ぎ落とし、シンプルな美しさを追求した外観。内側にどのような世界が広がっているのか、ワクワクしてしまう。

納得住宅工房

爽やかさと重厚感が共存するシンプルモダンな外観。鮮やかな青空と真っ白な壁面のコントラストが、それぞれの美しさをいっそう際立たせます。

納得住宅工房

大型のインナーガレージを有する美しい邸宅。直線美の織りなす真っ白な佇まいにシンボルウォールが優美な風格を放つ。

納得住宅工房

背景に雄大な富士を望む、堂々とした佇まい。 大らかに流れる屋根のラインが、平屋の象徴的な美しさを物語る。

納得住宅工房

見晴らしのいい丘陵地に溶け込むカリフォルニアスタイルの邸宅。 ダイナミックな片流れ屋根の内側には、吹き抜けの大空間が広がる。

納得住宅工房

アーバンなスタイルにリゾートの香りを漂わせるスタイリッシュな外観。 青空に凛とした存在感を放つ美しい姿を見上げるたびに、この家とともに暮らす喜びが込み上げる。

納得住宅工房

1階に親世帯、2階に子世帯が暮らす2世帯スタイル。玄関のとなりにホール直通のお父様専用のハーレーガレージを設けました。

納得住宅工房

太陽に映える真白でスタイリッシュな外観。南側に建つマンションからの視線を考慮しインナーパティオを囲うように壁を配置。そこに直線的なラインが積み重なり、立体感のあるデザインに。通り沿いには風通しを確保するためのスリット窓を配置し、プライバシーとデザイン性を兼ね備えたモダンリゾート風ハウスが誕生しました。

納得住宅工房

【洗礼されたミニマルデザイン】 閑静な住宅街に浮かぶシャープなシルエット。極限まで削ぎ落としたミニマルなデザインは存在感もありつつ街に溶け込む、洗礼されたバランス感覚。アクセントになっている唯一の窓から見えるのは吹き抜けだけ。生活感を見せず子供達と安心して暮らせる、長く飽きのこない外観です。

納得住宅工房

タテ・ヨコのラインが整った外観は、まさにリバーサイドホテルのような美しい佇まい。デザインにこだわったのはもちろん、大容量の太陽光発電を搭載し、ランニングコストを抑えた低燃費な暮らしを叶えます。交通量の多い南側は窓を少なく、美しい川の景色が広がる北側に大きな窓を取りました。開放感と安心感が同居するハイグレードなGRANVIVACEは納得住宅工房のフラッグシップモデル。ご夫妻は豊かなリゾートライフを愉しんでいます。

納得住宅工房

真っ黒な外観に玄関ドアと屋根付きバルコニーの木目がアクセント。家族のプライバシーを守る為、道路側には窓を設けずスッキリとした外観に仕上げました。実は上から見るとロの字型で、家の中心には中庭が。気持ち良い光と風が通り抜けていきます。

納得住宅工房

外観は真四角のキューブ型なのに、内側はコの字型のコートハウスになっています。ブラックのALCパワーボードの外壁に、窓のラインが美しく映え、CASAVIVACEらしい建築家のセンスを感じさせます。カーポートから玄関へ続くアプローチに緩やかなスロープを採用し、子育て中の現在はもちろん、年齢を重ねてからの将来の暮らしも安心です。

納得住宅工房

ALCをふんだんに使用した白く輝くような外観がスタイリッシュでモダンな雰囲気。コの字型の形状や傾斜の付いた屋根が立体感を生み出しています。中庭を囲うように配置された大きな窓はプライバシーの確保と共に家全体へ光りを届けるこの作品の特徴的存在です。

納得住宅工房

やや前面に突き出たタイルと目地のない塗り壁調のALCパワーボードが絶妙に融合した外観フォルム。シンプルな片流れのプロポーションが街の景観に程よく溶け込み、何年経っても飽きません。重厚感のあるタイルの一部に間接照明を当て、家族やゲストをあたたかく迎えます。プライバシー重視の外観と開放的な室内空間とのギャップに「わっ!」と歓声を上げる。

納得住宅工房

インナーガレージとカーポートを併用した、ゆったりとした駐車場。小さな窓を連続してに配置したり、木風のコートラインで軽やかな印象に。

納得住宅工房

細長い三角形の不整形地を最大限に活かした、斜めがポイントの外観。 納得住宅工房ならではの、超注文住宅はここから味わうことができます。 ゲストを、奥へ奥へと誘う深い軒のある玄関アプローチ。シンボルツリーはイロハモミジとしだれ梅です。

納得住宅工房

軒を大きく伸ばし、ガレージを併用させた特徴的な外観。シャッターはバイク用のガレージです。オフホワイトとブラウンでぬくもりを感じる印象に。

納得住宅工房

真っ黒な外観は、スッキリとラインを描くスリット窓がシャープな印象です。 実は中に入るととても明るく、外観とのギャップに驚かれることでしょう。 間取りが“コ”の字型をしており、中央の空間を埋めるように中庭が配置されているため、 中庭と室内を行き来できる大きなサッシからたっぷりと光と風が入ってくるためです。

納得住宅工房

家の中央に中庭を設けた『ロ』の字の間取り。1Fが親世帯、2Fが子世帯で、水回りも各世帯にありますが、世帯間の顔を合わせる機会が多いプランです。

納得住宅工房

東側接道。窓のない無機質な外観が分譲地内でもひときわ目を引きます。左手フェンスの奥はゆったりとした中庭があり、採光とくつろぎが確保されています。

納得住宅工房

塗り壁風に仕上げた、シンプル少し優しい表情の外観。エクステリアは、駐車場だけでなく、ウッドデッキ、タイルデッキ、シンボルツリー、芝生、収納と細かくゾーニング氏使いやすく多機能な空間に仕上がりました。

納得住宅工房

納得住宅工房では珍しい、ガルバ仕上げの外観です。ジョイント部分はビスが見えないよう、ひと手間かかけて仕上げました。 ランダムなカラーリングの木の板がアクセントとして効いてます。このアクセントウォールは、 時間がたって少し色が落ち着いてくると、さらに深みを増しそうです。

納得住宅工房

右が親世帯、左は玄関が真裏にある子世帯。それぞれが40坪程の戸建て住宅として独立した機能・設備を有しており、鍵付きの防音ドア一枚でつながる、完全分離型の二世帯住宅。中央のネイビーの部分に親世帯の和室と子世帯のバルコニーが収まっている。テンポよく並ぶ窓のコンシェルジュ植松らしさが出ている。

納得住宅工房

2本のラインがアクセント!窓の上辺の高さを1Fと2Fで揃え、窓サッシやベランダ笠木に黒い引き締め色を入れることでスタイリッシュな印象に仕上がりました。ちょっと見えにくいですがロボ感のあるメタリックなポストもご夫婦のお気に入り。

納得住宅工房

スタイリッシュな外観。正面ももちろん素敵ですが、中庭のテラスが見えるこの角度がご夫婦お気に入りのお気に入りの角度です。お散歩帰りのワンちゃんたちの足を洗いやすいように、屋根のかかった玄関ポーチの中に立水栓があります。

納得住宅工房

生活感を一切感じさせない、北側の玄関面です。外壁材ALCはパネルの継ぎ目に意識を取られないよう、メジが目立たないようなフラット仕上げにしました。没個性になりすぎないように、サッシとドアに黒い差し色を配しています。

納得住宅工房

青空に映える真っ白で、4台分入る大きなガレージが目を引く外観。ランボルギーニなどイタリアの名車がより映えます。 入り口には、来客者を歓迎するかのように設置された四角い門もまた作り手の思いを感じます。

納得住宅工房

白と焦げ茶のツートンの作品です。個性的なオンリーワンのお家がテーマの一つでもありましたので、大通りに接している北面にアクセントのラインを入れました。

納得住宅工房

スッキリとした白で統一された外観の単世帯4人家族のお住まいです。1Fと2Fを合わせて41坪の大きさです。大きな窓には緩やかに視線を遮る格子を設置しました。

納得住宅工房

白と焦げ茶のツートンの大型二世帯です。玄関面はなんと約21m!圧巻のスケールです。

納得住宅工房

玄関ポーチへの階段を広くゆったりととってみました。内観のイメージをそのまま外観にも反映させて、白とクリアな木目で清潔感のある上品なデザインを意識しました。

納得住宅工房

ウッドデッキで過ごす時間が心地良い、優しい表情の平屋の作品です。

納得住宅工房

すっきりとしたシンプルな白い外観。建物の凹凸に合わせて、外壁のパターンを2種切り替えました。南面接道のため大きな窓が見えます。比較的泥棒が侵入をためらうペアガラス窓ですが、念のためシャッターも取り付けています。

納得住宅工房

夕暮れに浮かび上がる、ダークブラウンの外観。家の前に立つのは門柱ではなく、実は屋内とパティオから楽しめるウォーターガーデンです。

納得住宅工房

玄関も水周りも、それぞれの世帯ごとに設置された完全分離型二世帯住宅です。グレーとホワイトの配色で、上品な印象に仕上がりました。

納得住宅工房

13mをゆうに超えるインパクトある長さの玄関面です。左手のグレーの部分のみ奥へと延び、上空から見ると“L”字をしている個性的なプランです。“L”字の空いたスペースは中庭になっています。玄関ドアと揃えて、木を貼ったポーチの天井が良い雰囲気です。

納得住宅工房

塗り壁のような優しい風合い…実は塗り壁では無くALCです。目地無し工法という新しい技術を採用しています。オフホワイトを基調にブラウンを差し色にすることで、質感・デザイン共に甘すぎない可愛らしさに仕上がりました。

納得住宅工房

キューブを組み合わせたシルエット。白で統一することで、複雑なラインもスッキリと纏まり、落ち着きあるデザインになっています。真っ白で清潔感のある外観、家の中を見てみたくなりませんか?

納得住宅工房

事務所を兼ねた漆黒の邸宅。プライバシーを確保した約25帖のゆとりある中庭を内包している。中庭からの採光があるため、外周面の窓を小さくすることができ、デザイン性とプライバシーが確保された。外壁材はALCを採用。

納得住宅工房

生活感を一切感じさせない、スタイリッシュな外観です。道路面に窓が無く、内部のデザインも、採光も全く想像できません。外壁材にはALCを採用、ジョイント部分の目地が目立たないよう最新の施工方法で仕上げました。

納得住宅工房

黒い外観。北側道路のため窓は最小限にしました。同じサイズの窓をバランスを意識して配置しているのでスッキリ美しく、また遊び心も感じさせます。

納得住宅工房

北側接道面はシンプルに。南側には軒のあるウッドデッキが広がり、シンボルツリーの紅葉がご家族を癒します。重厚感のある和の趣と、お気に入りのカフェスタイルが融合したK様邸。約36坪、単世帯4人ご家族です。

納得住宅工房

白とネイビーのハイコントラストのツートンカラー。直線を組み合わせたシャープな印象です。玄関と勝手口が近いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、間取りを見ると納得できる個性的なプランです。

納得住宅工房

こちらは店舗面。ぐるっと回った裏手にご家族用の出入り口があります。地元のたくさんのお客様が雨の日でも買い物しやすいように大きな庇(ひさし)を付け、出入りしやすいようにスロープも設置しました。

納得住宅工房

プライバシーと解放感を両立するインナーパティオが中央にあるため、背の高いコートラインが印象的な作品です。 ・白と黒のツートンの配色 ・高さのあるコートライン ・複層のため通常より多く必要な窓 複数の要素をうまくまとめるよう窓のカラーと高さを意識しています。

納得住宅工房

木のドアとレトロな照明、白×茶の配色が柔らかな雰囲気をつくります。玄関面は大胆に斜めにカットし、天井には杉板を貼りました。リズミカルに並ぶ窓は、内外観ともに愛らしい印象を与えてくれます。

納得住宅工房

軒の下に出来た日影が何とも心地良さそうです。軒の天井部分(軒天のきてん)や、縦横の樋(とい)もダークブラウンに統一し、デザインを引き締めます。

納得住宅工房

ALCのブラック塗装とガルバリウム鋼板を組み合わせた直線的なデザイン。玄関は少し奥に配し、ゆとりある駐車スペースを確保しました。こちらは建物の西面なので、大きな窓を付けず、窓の配置で遊び心を演出。左下の窓から見える和室も必見です。

納得住宅工房

ホワイトとグレーのコンビが爽やかな印象の作品です。ワンポイントの木格子は、室内にも効果的に配されているので、内外の調和を図ることができます。

納得住宅工房

キューブ型の白い外観に、引締め色の黒が効いています。窓サッシや基礎も黒にするというこだわり。道路面に出てしまう配管は、さや管にし目立ちにくくしています。

納得住宅工房

写真右手はペットのケアルーム、左手が居住空間。双方を繋ぐのは、高耐久・高硬度が特徴の木材“ウリン”のウッドデッキ。ワンちゃんたちが元気いっぱいに駆け回るお庭です。

納得住宅工房

そびえたつ黒い壁の迫力ある外観。巨大な作品に見えますが、実は約36坪という等身大のサイズ。壁の内側にタイルデッキを内包しているため、驚くほど採光が確保された空間が広がりる。

納得住宅工房

白と紺の切り替えがクールな印象の作品。良く見ると紺の部分と白い部分で基礎の高さが違っています。これは高低差のある土地をあえて平らに造成せずに、住宅の個性として取り入れてしまったからです。どういうことなのか気になる方は是非リビングの写真もご覧ください。

納得住宅工房

白を重ねたスタイリッシュな外観。一見すると普通の二階建てのようですが、実は“4層構造”になっています。道路に面する1階の窓は、視線が気にならず、防犯も考え縦スリット窓に。

納得住宅工房

オフホワイトとダークブラウンで温もりのある印象の外観です。ALC(軽量気泡コンクリート)ではスタイリッシュになりすぎてしまうため“ジャワ鉄平ブラウンMIX”を玄関まわりに乱貼りにしました。

納得住宅工房

軒のある和モダンの作品。玄関ホールと同じ石をアプローチに使用し、玄関ドアや柵は縦格子、外観と内観の色を揃えるなど、デザインの纏まりを意識した作品です。

納得住宅工房

南面に一切窓が無い禁断のデザイン。採光をどこから採るのか一見してわからない…。実は南面は居室ではなく、中庭の目隠しの“壁”になっており、中庭からたっぷりの光が確保されています。

納得住宅工房

ちょこんと顔を出すご主人様の愛車。車好きにとってまさに“夢のマイホーム”の完成です。キューブ型の外観はクールになりすぎないように木目で暖かみをプラス。外壁材ALCは2つのパターンを貼り分けました。本体部分は可愛いらしいチェック柄、ガレージ部分はスマートなライン柄です。

納得住宅工房

遊び心まで満たされた、20代夫婦のモダンハウス

納得住宅工房

北側道路の土地なら、玄関面がこんなにスッキリ、生活感を隠せます。白いキューブを組み合わせたスタイルに、黒い窓サッシのアクセントが効いています。

納得住宅工房

シャープなラインの外観。雨の日でも濡れない広々としたカーポート。無機質なカーポートですが、玄関ポーチの天井から続く木目が印象を柔らかくしてくれます。

納得住宅工房

目を引くのは鋭角の切込み。これはデザイン性や遊び心をプラスするだけでなく、将来的に車が増えたときに駐車できる台数を多く確保できるようにも考えられています。天井日にちらりと見える木が効いたデザインです。

納得住宅工房

白い外観からチラリと見えるのはウッドデッキや格子の茶とタイルのオレンジ色。直線的でも冷たい印象を与えないのは、オフホワイトの建物本体のカラーをはじめ、暖色系の色でコーディネートしているからです

納得住宅工房

ご家族とプライバシーを守るデザインです。右手方向のくぼんだ部分にはウッドデッキを施工予定。たっぷりと日の当たる心地良いアウトドアリビングになります。手前に壁があるため、道路からは見えず安心です。

納得住宅工房

柔らかな曲線を多用し、窓周りには鎧戸、アイアンの妻飾も付け可愛らしい印象の仕上がりに。塗り壁と瓦の組み合わせならではの温もりを感じます。

納得住宅工房

玄関面の画像なのに、玄関を見つけることが難しいT様邸。左手の壁の裏に玄関があります。家は大切な家族を守り、中に入れば楽しく過ごせるものであるようにと願うT様のご家族に対する深い愛情を感じるデザインです。

納得住宅工房

優しいオフホワイト色の外観。玄関と2Fのコートラインを明るい気の色で揃え、柔らかい印象をプラス。

納得住宅工房

大屋根が圧巻の一言に尽きます。アイボリーから茶色までの暖色でコーディネートされているので、室内の明かりとも相まって温かみを感じる作品になりました。

納得住宅工房

直線的なラインに濃い茶色と白の2色遣い。堅い印象になりすぎないよう、木格子とこぼれる柔らかな光をプラス。大きく見えるがこれで32坪という驚きの作品だ。

納得住宅工房

写真の右半分が子世帯、左半分が親世帯という玄関も分離した二世帯住宅です。世帯間を繋ぐのは中央に隠されたインナーテラス。家族の笑顔と光が集まる空間です。

納得住宅工房

玄関面からはご家族のプライバシーが読み取りにくくなっています。まさか、上空から見ると“ヒ”のような形をしており、中庭にはウォーターガーデン真であることをだれが予想できるでしょうか。

納得住宅工房

青い空、木々の緑。自然豊かな環境を、めいっぱい感じることのできるウッドデッキ。屋内と段差なくスムーズにアクセスできるこのウッドデッキが1階全体に繋がりと解放感を与えます。

納得住宅工房

キューブを組み合わせた直線的なフォルムなのに、どこか温もりや愛らしさを感じるのは、表情豊かなタイル、茶色とオフホワイトの配色が、家全体を優しく包んでいるからです。

納得住宅工房

クリーム色も塗り壁仕上げです。アクセントに茶色のタイル、玄関ドアと玄関ポーチの天井の茶色も相性が良く、柔らかな印象を与えます。

納得住宅工房

大好きなヴィンテージカーを外からもディスプレイのように見せられるガレージ。

納得住宅工房

〈 / 〉